噂の情報バラエティマガジン

オスマガ

仕事での緊張や不安を和らげるにはどうしたらいいの?

      2015/08/07

仕事での緊張や不安を和らげるにはどうしたらいいの?

仕事で責任の重い仕事を任された・上手くいくか自身が持てないなど、緊張や不安を感じたことありませんか?

仕事をする際に感じる緊張や不安をどうしたら和らげることが出来るのでしょうか。

改善する方法やコツなどを調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

e61b50b2b0243a056b8ac9e4160af227_s
流産の可能性が高い時期はいつ?原因や予防は?

流産は何らかの理由で胎児が育たなかったり流れ出てしまうことを...

3cdac530885246e1bb94bad85ca2121b_s
養育費調停で弁護士に依頼するメリットは?有利になる?

離婚後の養育費に関して話し合いがまとまらない場合、養育費請求...

9fc49a403bad4234097fc804b8c9cee0_s
有給休暇も消化して退職願はボーナス支給後がベスト!

退職を考えた時、まずどの時期に退職願を出すべきかタイミングを...

395f0ac51fb5e481cf7a808dc1b537a7_s
薬学部で留年すると就職に影響はあるの?対策は?

薬学部に入ったものの、勉強につまづき留年をしてしまう人も多い...

44caa8b6aabacffd3bf3f4e0be2a2b45_s
野球の練習着(夏用)におすすめなのは?

夏の暑い時期の野球の練習、夏用の練習着は暑さ対策なども考慮し...

24ec0934c1909b916c12aee515040380_s
料理下手な主婦がついやってしまう調理の間違いとは

料理が下手な人、上手な人がいますよね。
<...

d36fe19339e642db241bbc13e9a5558a_s
恋愛不安になる心理は?不安を乗り切る方法も伝授!

恋愛に不安はつきものです。

で...

92d5bf4900de5429fbf1301657254440_s
連絡先の交換を迫られたときに上手く断る方法!

職場関係や合コンなど、連絡先の交換を迫られる場合があります。...

a0001_016801
歴史を大人になってから勉強する時は○○法がおすすめ!

子供のときは歴史に興味がない人も、大人になってから急に歴史に...

e46d78f49577516178361cd0fac1d6cc_s
野球の投手に必要な筋トレとは?バランスが重要!

野球の投手が球速をアップするためには筋トレが不可欠です。 ...

8bbee84a3dab20d7d576049aa9a85e3b_s
野球の打順の組み方を一挙公開!ベストな選び方とは?

野球の戦略で大事なのは打順の組み方にあるようです。

3f0bd00503a3de74b820eabf26931867_s
同棲解消は寂しいだけじゃすまない!?その理由とは

同棲を解消する場合、さまざまなトラブルが起こります。

134f2f4ce5fd35b426f00f0e7b00720c_s
頭痛が毎日午後から・・・原因は?予防するには?

毎日午後から起こる頭痛・・・とても辛いですよね。

8f439eb3b877cda80c9999a407bc42dc_s
結婚に反対!その理由は家柄・・・親が結婚に反対する理由

結婚はみんなに祝福されたいものですが、家柄が理由で親に反対さ...

e32139af27ce033c131272fc25ac3583_s
ご飯を冷凍した場合の賞味期限、目安は○ヶ月!

余ったご飯を冷凍した場合、すぐ食べる場合もあればしばらく冷凍...

2076020872f27b6711af28cc2a3b842b_s
健康診断の結果がわかるまでどのくらいかかるの?

健康診断を受けた場合結果を早く知りたくなるものです。

a0002_004762
会社の飲み会で挨拶回りをするときのタイミングは?

「飲みにケーション」という言葉を耳にしたことありますか? ...

a1180_015442
右手の薬指の痺れは何が原因?考えられる病気とは

右手の薬指だけなぜか痺れる・・・違和感もあり何が原因なのか気...

a0001_003289
フロントガラス飛び石よる傷を補修キットで修復するには?

飛び石等によるフロントガラスの傷、放っておくと傷も広がる可能...

a0003_000896
キャンプ料理!朝食で簡単に作れて美味しいレシピ♪

キャンプ料理にはいろいろありますが、何かと忙しい朝食は手軽に...

スポンサーリンク


#img1#

仕事で緊張や不安ばかり・・・改善する方法は??

●感じ尽くすという方法

自分の心を観察していき、
“上手くいくかなぁ・・・”という気持ちを作る、感情や、感覚を見つけたけ
れど、上手くイメージができないということがあります。

そんな時は、只じっくりと、その感情を感じてあげてみてください。

『ああ、私、失敗しちゃうかも?と思っているんだなぁ』というふうに、
じっくり今の自分の気持ちを感じてあげるんです。

感情は、じっくり感じていくと、徐々に違う感情に変化していきます。

失敗しちゃうという不安を感じていくと、更に大きな感情が出てくることも
あります。その新たに出てきた感情も、じっくりと、じっくりと感じていき、
感じ尽くすとその感情は消えて無くなっていきます。

感じ尽くすというアプローチで心の中を変えていくのです。

また、感情を感じながら、自分自身に問いかけをしたり、心をなだめる言葉を
かけてみたりなど、自分の心と対話していくのもいいでしょう。
心と対話しながら、感情を感じ尽くしていきます。

そうやって、感じ尽くすことでネガティブな感情が消えていくと、
心がポカポカしてきて、新たに安堵感が生まれてくることでしょう。

引用元-Counseling Service

過度な不安や緊張を感じてしまう・・・その悩みとは

私は、通常よりも大げさに物事を深く考え、不安を感じてしまう癖があります。
些細なことでも場合によってはパニックに陥り、強い恐怖感から逃れられなくなります。

思考する内容の中で、最近特に顕著に症状が現れるのは、「未来」に関連するものです。

そのひとつの例として、最近始めたアルバイトがあります。
新しい物事に関して不安を感じるのは当たり前だとは分かっているのですが、どうしても不安や緊張が取れず、休日でさえも、次の仕事に対する緊張を感じてしまい、ゆっくり休むことができません。
具体的にいうと、「未来」に自分が引き起こしてしてしまいそうな対応・行動の失敗を勝手に思い起こして、被害妄想に浸ってしまうのです。

つまり、今の私ではどうしようもできない事柄や、まだ発生さえもしていないさまざまな問題に対して過度な恐怖や不安をいつも感じてしまうのです。

原因は、自分に対する自信が持てない、「老い」や「死」に対する恐怖が強いからであると自分では理解しているつもりです。
しかし、自分に自信を持つために効果的な活動が全く思いつきませんし、過度な不安症を少しでも緩和させることのできる方法も私にはありません。また、今の私が「異常」な状態であるのかも判断できません。
パニックに陥っている状態の際は、リラックス効果があるとよく言われている「音楽鑑賞」や「アロマセラピー」なども、逆に自分自身の不安を煽るものになってしまって、効果が期待できず、襲ってくる恐怖の波にただただ耐えることしかできなくて、正直本当に辛いです。

引用元-Yahoo!知恵袋

仕事での緊張や不安を和らげるコツは?

自分だけではないと自覚する

 「自分だけこんな大きな仕事を任されて、大丈夫かな」などと不安や緊張を感じる人の多くは、自分の事だけに意識が向きがちです。周りの同僚や上司、部下などを眺めてみましょう。みんなにも多かれ少なかれ、そういう経験や感情はあります。今は大きな存在の上司にだって昔はあなたのような立場で同じように物事を考えていたはずです。自分だけではなく、みんなにもそのような感情があるのだと自覚することによって少しは気分が楽になることでしょう。

周りに相談する

 あまりにもその不安や緊張が強すぎた場合、ベストパフォーマンスができなくなってしまいます。そうして周りに迷惑が掛かってしまう前に、まず信頼のおける上司や同僚など周りの人に「このような時にどうしているか」と相談してみると良いでしょう。周りの人にもそのような時期があり、自分はこうして解消しているよなどというような具体的で有効なアドバイスが得られることも少なくありません。

 また、相談することによって応援者も得ることができ、気分が楽になることもあります。自分の心の中で我慢してしまったりためらったりせずに、時には正直に自分の心境を吐露することも必要です。

引用元-U-NOTE

不安や緊張・・・原因が見つからない場合

「気持ちが落ち着かない」「どきどきして心細い」といった症状は、「不安」や「緊張」といわれるもので、誰でも感じる感情の一種です。

何か心配事や気がかりなことがある時、目上の人や初対面の人に会う時、試験の前などにこのような症状を感じることは正常な反応で、別に病気ではありません。原因となる心配事などがなくなれば、症状も自然に消えてしまいます。

問題は、そのような理由がないのに「落ち着かない」「どきどきして心細い」などの症状が起こる場合です。
この場合は「病的な不安」である可能性が考えられます。

「病的な不安」は「正常な不安」と違って、理由がないのに生じる、あってもそれと不釣り合いに強い、原因がなくなってもいつまでも続く、などの特徴があります。「正常な不安」が危険に備え、問題解決へ向かって行動を起こす原動力になるといった、人間にとって必要な側面をもっているのに対し、「病的な不安」は何らかの精神的・身体的な疾患の徴候である可能性があります。

上記のような症状を感じ、それが「病的な不安」ではないかと思ったら、精神科か心療内科で診断してもらいましょう。

その前に予備知識として、不安とはどういう症状か、どんな病気の場合にみられるかについて、ひと通り知っておくのはよいことです。

引用元-みんなのメンタルヘルス総合サイト

緊張や不安を抑えるには脳内物質のセロトニンが大事!増やすには?

□運動

太陽の日差しを浴びながらの運動。セロトニンを増やすことができる。

それから、「簡単なストレッチ」も良いことですね。これは緊張や不安をほぐすこともできるし。リラクセーションなかんじで、リズムを刻みながら体を動かすとセロトニン神経の活性化にもつながる。体がリラックスすると、心もリラックスして、気分も爽快◎

私は一日に2回、「朝」と「夜の風呂上り」におこなっている。まぁ、セロトニンが高まっているというよりも、「気分が爽快になる」感じ◎

□睡眠

「ぐっすりと眠ることでセロトニンを高めることができる。」
何をするにしても、睡眠をとることは重要。

・・・ただ、私のように「緊張、不安、恐怖」など、大きな悩みを持っている人間が「ぐっすり眠る」っというのはなかなか難しい・・・。ついつい、布団に入ると”嫌なこと”ばかり考えてしまうので、、、

そのために、最近は出来るだけ布団にはいると「意識的に考えないようにしてる」。”無”を意識して、寝る。

□食事

セロトニンを高めるために色々といわれますが、一番は食事だそうです。「7〜8割」をしめているほど!!それほど重要。

それで意識したいのが「健康的な食事」。もっというとセロトニンを高まる栄養分。
セロトニンに必要な栄養分が「トリプトファン、ビタミンB6、ナイアンシン、マグネシウム」。この栄養分をかかさず食べることでセロトニンを吸収することができる!!

成分       食品
トリプトファン   豆類、大豆、納豆、豆腐、香や豆腐、味噌
ビタミンB6   魚類、サンマ、イワシ、カツオ、サバ、マグロ
ナイアンシン   鶏肉、煮干し
マグネシウム   わかめ、ひじき、かき、げんまい、アーモンド

引用元-緊張しない方法



twitterの反応

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ