噂の情報バラエティマガジン

オスマガ

国民健康保険は扶養の範囲内の130万を超えたらどうするの?

      2015/08/07

国民健康保険は扶養の範囲内の130万を超えたらどうするの?

主婦がパートとして働きに出る場合、よく言われるが「130万の壁」です。

国民健康保険などの関係上、扶養の範囲内で働きたいところ。

でももし130万を超えてしまったら?そんな疑問をまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

e61b50b2b0243a056b8ac9e4160af227_s
流産の可能性が高い時期はいつ?原因や予防は?

流産は何らかの理由で胎児が育たなかったり流れ出てしまうことを...

3cdac530885246e1bb94bad85ca2121b_s
養育費調停で弁護士に依頼するメリットは?有利になる?

離婚後の養育費に関して話し合いがまとまらない場合、養育費請求...

9fc49a403bad4234097fc804b8c9cee0_s
有給休暇も消化して退職願はボーナス支給後がベスト!

退職を考えた時、まずどの時期に退職願を出すべきかタイミングを...

395f0ac51fb5e481cf7a808dc1b537a7_s
薬学部で留年すると就職に影響はあるの?対策は?

薬学部に入ったものの、勉強につまづき留年をしてしまう人も多い...

44caa8b6aabacffd3bf3f4e0be2a2b45_s
野球の練習着(夏用)におすすめなのは?

夏の暑い時期の野球の練習、夏用の練習着は暑さ対策なども考慮し...

24ec0934c1909b916c12aee515040380_s
料理下手な主婦がついやってしまう調理の間違いとは

料理が下手な人、上手な人がいますよね。
<...

d36fe19339e642db241bbc13e9a5558a_s
恋愛不安になる心理は?不安を乗り切る方法も伝授!

恋愛に不安はつきものです。

で...

92d5bf4900de5429fbf1301657254440_s
連絡先の交換を迫られたときに上手く断る方法!

職場関係や合コンなど、連絡先の交換を迫られる場合があります。...

a0001_016801
歴史を大人になってから勉強する時は○○法がおすすめ!

子供のときは歴史に興味がない人も、大人になってから急に歴史に...

e46d78f49577516178361cd0fac1d6cc_s
野球の投手に必要な筋トレとは?バランスが重要!

野球の投手が球速をアップするためには筋トレが不可欠です。 ...

8bbee84a3dab20d7d576049aa9a85e3b_s
野球の打順の組み方を一挙公開!ベストな選び方とは?

野球の戦略で大事なのは打順の組み方にあるようです。

3f0bd00503a3de74b820eabf26931867_s
同棲解消は寂しいだけじゃすまない!?その理由とは

同棲を解消する場合、さまざまなトラブルが起こります。

134f2f4ce5fd35b426f00f0e7b00720c_s
頭痛が毎日午後から・・・原因は?予防するには?

毎日午後から起こる頭痛・・・とても辛いですよね。

8f439eb3b877cda80c9999a407bc42dc_s
結婚に反対!その理由は家柄・・・親が結婚に反対する理由

結婚はみんなに祝福されたいものですが、家柄が理由で親に反対さ...

e32139af27ce033c131272fc25ac3583_s
ご飯を冷凍した場合の賞味期限、目安は○ヶ月!

余ったご飯を冷凍した場合、すぐ食べる場合もあればしばらく冷凍...

2076020872f27b6711af28cc2a3b842b_s
健康診断の結果がわかるまでどのくらいかかるの?

健康診断を受けた場合結果を早く知りたくなるものです。

a0002_004762
会社の飲み会で挨拶回りをするときのタイミングは?

「飲みにケーション」という言葉を耳にしたことありますか? ...

a1180_015442
右手の薬指の痺れは何が原因?考えられる病気とは

右手の薬指だけなぜか痺れる・・・違和感もあり何が原因なのか気...

a0001_003289
フロントガラス飛び石よる傷を補修キットで修復するには?

飛び石等によるフロントガラスの傷、放っておくと傷も広がる可能...

a0003_000896
キャンプ料理!朝食で簡単に作れて美味しいレシピ♪

キャンプ料理にはいろいろありますが、何かと忙しい朝食は手軽に...

スポンサーリンク


国民健康保険にまつわる、会社員の夫を持つ妻の「130万の壁」とは?

国民年金についてですが、厚生年金加入の夫(妻)を持つ配偶者(結婚相手)は、第三号被保険者という扱いになり、自分で国民年金保険料を払わなくても、国民年金に加入している状態となります。

ただし、これには条件があり、「第2号被保険者に扶養されている20歳〜60歳の配偶者(結婚相手)で、年収130万円未満の人」となっており、この条件から外れてしまうと、自分で国民年金保険料を納めなければなりません。

また、夫の扶養から外れることになりますから、別途、自分で国民健康保険料を納める必要が出てきますので、年収130万円以下に抑えていた時に比べて、月額数万円もの負担が新たに発生することになります。

そして、夫が勤める会社から、妻に対して何らかの「手当」が出ていた場合、扶養から外れることによって、それも支給が停止される可能性があります。

つまり、「国民年金+国民健康保険+会社からの手当」が一気に受けられなくなるため、この「トリプルパンチ」により、家計へのダメージはかなりのものとなります(笑)。

これが「年収130万の壁」、つまり、専業主婦(専業主夫)が年間130万円以上は稼がない方が良い、と言われる理由です。

引用元-かんたん国民厚生年金入門

自営業者の妻には130万の壁は無い?!

国保税は「所得割・資産割・被保険者均等割・世帯平等割」等によって世帯ごとに金額が決まりますが、増えた収入以上に税金が引かれる事はありませんので、自営業者の妻であれば収入を気にすることなく働いても問題ないでしょう。

また、厚生年金や共済年金加入者の妻の場合、第3号被保険者として国民年金に加入していることになりますが、妻の年収が130万円以上になると第3号被保険者から外れ、自ら年金制度に加入しなければならなくなります。

しかし、国民年金には第3号被保険者というものがありませんので、自営業者の妻は、自ら国民年金保険税を支払い、国民年金に加入しなければなりません。

ですので、自営業者の妻の場合、保険においても年金においても130万円の壁が存在しません。所得税の基準である103万円を超えているのであればいくら稼いでも問題ありません。

※夫の所得税や住民税の控除(配偶者控除)の141万円の壁がありますが、配偶者控除は妻の収入に応じて段階的に控除額が変わるもので、セーブして税金を抑えるよりも収入を増やす事を考えた方が良いと思います。

引用元-はじめての医療保険

扶養の範囲内、130万を超えてしまったら?

「給与所得が150万円」って、扶養には一切該当しませんよ。所得が150万円だろうと130万円だろうと扶養には入れません。「ひっかかっちゃうね」どころではありません。大幅オーバーです。
今すぐ再確認を。収入と所得は違います。
収入であれば、たまたま130万円を越えてしまった場合は、今すぐに扶養をはずす等の手続きはしなくて良いです。
パートで賞与が出ないはずが、出てしまったのであれば、仕方ありません。今後気をつけていただければよいでしょう。
今年もすでに越える見込み(月収108,333円を越える、賞与含む)であれば、本日付でかまいませんので、旦那さんの会社に保険証を返し扶養をはずす手続きをしてもらい、あなたは、会社の社会保険の加入条件に該当するのであれば、社会保険に加入させてもらい、給与より健康保険、厚生年金の天引きをしてもらいましょう。社会保険の加入条件に該当しない場合は個人で、国民健康保険、国民年金に加入することになります。
一度オーバーしたからといって扶養に戻れないものではありません。該当する条件になればいつでも扶養になれます。
4月は11万円の給与、5月は8万の給与、6月は、、、と月々収入が大幅に違っていてもその月々で手続きをするわけでもありません。健康保険、厚生年金については将来に向かって見込み額によって判断します。今後も収入が増えそうであれば手続きをしてください。

引用元-Yahoo!知恵袋

国民健康保険、主婦・パート130万の壁

※サラリーマンの妻の場合です。自営業者のようにご主人がそもそも国民健康保険や国民年金に加入している場合には、130万円の壁はそもそも存在しません。(妻も社会保険に既に加入しているため)

この130万円(月収約11万円)の壁は分厚い壁です。この壁を越えてしまうと「社会保険」でいう「扶養」の範囲を超えてしまうのです。
サラリーマンの妻の場合、社会保険上の扶養となることで「健康保険料(社会保険料)」および「国民年金」の保険料が免除されているのです。(国民年金については第3号となり、年金保険料を支払っていなくても「支払っているもの」としてカウントされる)

つまり、130万円を超えた場合、税金(所得税や住民税)以外に「健康保険料」および「国民年金保険料」の支払いが必要になってくるのです。

この負担は129万円まではかからず130万円になった瞬間から発生する料金です。103万円の壁のときのように段階的に負担が発生するわけではありません。

健康保険料は自治体によって異なりますが月額5,000円程度、国民年金保険料は15,020円(平成23年度)です。合計すると月間で2万円、年24万円の負担増となります。
つまり、130万円超150万円くらいまでのパート収入になる場合は130万円未満にパート収入を抑えたほうが逆にお得という逆転現象が起こるわけです。

年130万円を超えるつもりであれば、収入が年に170万円以上になるくらいの仕事にしないと逆にプラスにはなりません。ハンパに超えるくらいなら仕事をしないという選択のほうが賢いといえるでしょう。

ちなみに、2016年より一部の大企業でパート労働者に対する社会保険の年収の壁が上記の130万円から106万円に引き下げられる見込みとなっています。

引用元-アルバイトの選び方講座

夫が国民健康保険に加入してる場合に、扶養の範囲130万の枠は関係ない?

市区町村が運営する国民健康保険は扶養という概念がなく、世帯の収入で保険料がきまり、妻の収入制限はありません。
土建県国保は国保の一種ですが、保険料は年齢と家族数よって異なります。

一般的に国保の方は国民年金に加入していますので、夫婦ともに年収に関係なく一定です。
ですので、130万円にこだわる必要はありません。

国保+国民年金であれば収入制限はありませんが、土建国保+厚生年金の場合は違ってきます。

現在たろちゃんママさんの年金は国民年金の第3号で、厚生年金に加入している夫に扶養されている妻となり、収入制限があります。
130万円をこえると、扶養の要件を外れますので、国民年金の1号として保険料を払わなくてはいけないことになります。

よって130万円に制限するか、若しくは週30時間以上働いて会社で社会保険に加入する。
のどちらかですね。

社会保険に加入して産休をとると出産手当金がもらえます。
また雇用保険加入期間が1年以上あって育児休暇が取れるようですと育児休業給付金などもあります。出産後も働くおつもりで、会社が社会保険加入を認めてくれるようですとそのほうがお得です。

出産退職されるおつもりでしたら、130万円に抑えたほうがいいでしょう。

引用元-専門家ProFile



twitterの反応

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ