噂の情報バラエティマガジン

オスマガ

市販の目薬で充血を治したい!でも市販薬で大丈夫なの?

      2015/10/22

市販の目薬で充血を治したい!でも市販薬で大丈夫なの?

目が充血すると市販の目薬を買って治そうと思いますよね

いったいどんな目薬を使えばいいの?正しく使うには?

そんな疑問をまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

e61b50b2b0243a056b8ac9e4160af227_s
流産の可能性が高い時期はいつ?原因や予防は?

流産は何らかの理由で胎児が育たなかったり流れ出てしまうことを...

3cdac530885246e1bb94bad85ca2121b_s
養育費調停で弁護士に依頼するメリットは?有利になる?

離婚後の養育費に関して話し合いがまとまらない場合、養育費請求...

9fc49a403bad4234097fc804b8c9cee0_s
有給休暇も消化して退職願はボーナス支給後がベスト!

退職を考えた時、まずどの時期に退職願を出すべきかタイミングを...

395f0ac51fb5e481cf7a808dc1b537a7_s
薬学部で留年すると就職に影響はあるの?対策は?

薬学部に入ったものの、勉強につまづき留年をしてしまう人も多い...

44caa8b6aabacffd3bf3f4e0be2a2b45_s
野球の練習着(夏用)におすすめなのは?

夏の暑い時期の野球の練習、夏用の練習着は暑さ対策なども考慮し...

24ec0934c1909b916c12aee515040380_s
料理下手な主婦がついやってしまう調理の間違いとは

料理が下手な人、上手な人がいますよね。
<...

d36fe19339e642db241bbc13e9a5558a_s
恋愛不安になる心理は?不安を乗り切る方法も伝授!

恋愛に不安はつきものです。

で...

92d5bf4900de5429fbf1301657254440_s
連絡先の交換を迫られたときに上手く断る方法!

職場関係や合コンなど、連絡先の交換を迫られる場合があります。...

a0001_016801
歴史を大人になってから勉強する時は○○法がおすすめ!

子供のときは歴史に興味がない人も、大人になってから急に歴史に...

e46d78f49577516178361cd0fac1d6cc_s
野球の投手に必要な筋トレとは?バランスが重要!

野球の投手が球速をアップするためには筋トレが不可欠です。 ...

8bbee84a3dab20d7d576049aa9a85e3b_s
野球の打順の組み方を一挙公開!ベストな選び方とは?

野球の戦略で大事なのは打順の組み方にあるようです。

3f0bd00503a3de74b820eabf26931867_s
同棲解消は寂しいだけじゃすまない!?その理由とは

同棲を解消する場合、さまざまなトラブルが起こります。

134f2f4ce5fd35b426f00f0e7b00720c_s
頭痛が毎日午後から・・・原因は?予防するには?

毎日午後から起こる頭痛・・・とても辛いですよね。

8f439eb3b877cda80c9999a407bc42dc_s
結婚に反対!その理由は家柄・・・親が結婚に反対する理由

結婚はみんなに祝福されたいものですが、家柄が理由で親に反対さ...

e32139af27ce033c131272fc25ac3583_s
ご飯を冷凍した場合の賞味期限、目安は○ヶ月!

余ったご飯を冷凍した場合、すぐ食べる場合もあればしばらく冷凍...

2076020872f27b6711af28cc2a3b842b_s
健康診断の結果がわかるまでどのくらいかかるの?

健康診断を受けた場合結果を早く知りたくなるものです。

a0002_004762
会社の飲み会で挨拶回りをするときのタイミングは?

「飲みにケーション」という言葉を耳にしたことありますか? ...

a1180_015442
右手の薬指の痺れは何が原因?考えられる病気とは

右手の薬指だけなぜか痺れる・・・違和感もあり何が原因なのか気...

a0001_003289
フロントガラス飛び石よる傷を補修キットで修復するには?

飛び石等によるフロントガラスの傷、放っておくと傷も広がる可能...

a0003_000896
キャンプ料理!朝食で簡単に作れて美味しいレシピ♪

キャンプ料理にはいろいろありますが、何かと忙しい朝食は手軽に...

スポンサーリンク


オススメされる事がおおい充血をおさえる目薬は?

目にゴミやホコリが入って充血する場合の目薬

目に異物が入った刺激によって目が充血している場合は、まずは市販の目薬でよいので目に入った異物をしっかりと洗い流して清潔に保つことが必要だと言われました。

コンタクトレンズによる充血を抑える目薬

コンタクトレンズの調子が悪くて充血してしまっている場合は、人工涙液タイプの「ソフトサンティア」などの目薬を使用するのがおすすめだそうで、それでも不快感が残る場合は眼科の受診をおすすめされました。

紫外線を浴びて充血した時の目薬

夏のビーチや冬のゲレンデといった場面で強く紫外線を受けたりして充血が起きた場合は、グリチルリチン酸二カリウムやυ-アミノカプロン酸といった成分の入った目薬を使用するのがおすすめだそうです。

市販されている目薬の中では「バイシンUV」や血管収縮剤を使用していない「ノアールUV」などがおすすめとして紹介していただきました。

目の病気によって充血した時の目薬

花粉症などで起きやすいアレルギー性結膜炎の場合は、目のかゆみを抑えるためにクロルフェニラミンマレイン酸塩が配合された目薬や、アレルギー作用を抑えるクロモグリク酸ナトリウムを配合された目薬が充血を抑えるのに効果があるそうで、細菌性の結膜炎などで充血してしまっている場合は、スルファメトキサゾールが配合された目薬を点眼してくださいとおすすめされました。
そのどちらにも効果が期待できるとしておすすめされた目薬は「エーゼット抗菌目薬」という名前の目薬でした。

引用元-目薬・点眼液の選び方

目薬の正しい差し方は?

目薬はまず手を洗い、目の周りをティッシュなどで拭き、目に
汚れが入らないようにしてから行います。

目薬は、眼球に直接垂らすのではなく、下まぶたを人差し指
で下に引っぱり、その部分に垂らすようにします。このとき、
目薬容器の先端が触れないように注意します。

1滴垂らしたら、1分間程度、目頭を抑えながら目をつぶり
ます。目頭を押さえることで、涙管を通って、鼻に流れ出す
ことを防ぎます。

目薬が目に入った状態で目をパチパチさせてしまうと目薬
が溢れ出してしまうので、やらないようにしましょう。

目薬の量は、1回1滴が基本です。これ以上量を増やし
ても効果に違いはありません。効果を高めたいときは、
量でなく回数を増やすようにしましょう。

ちなみに、目薬の効果は5分後くらいに表れると言われ
ているので、前の目薬から5分以上経過した後に、差す
ようにしてください。

引用元-目薬の正しい差し方

市販の目薬は危険?!何が問題なの?

防腐剤

市販の目薬には防腐剤が多く含まれてます。これを入れないとボトルの先から入り込んだ細菌が繁殖してしまい、2週間ほどしか使えないからです。

実はこの防腐剤は目にとっては刺激物です。角膜や結膜に炎症を引き起こすことがあります。また長期間使い続けることで傷を作ってしまうことがあります。

一般的な防腐剤:塩化ベンザルコニウム・ソルビン酸カリウム・パラベン

血管収縮剤

TVやモニターなどを長時間見続けて目を酷使すると、目が疲れて赤くなることがあります。血管が一時的に太くなって起こる充血です。

市販の目薬の中には充血に対する効果があるものもあります。こういうタイプの目薬には血管を細くする血管収縮剤が含まれています。

血管収縮剤の効果によって一時的に血管は細くなり、充血は改善します。しかし、疲れた目には栄養(血液)が必要なためまた太くなります。

これを繰り返していると、次第に血管自体が太くなってしまい元に戻らなくなります。そうなると、常に充血した目になってしまいます。

引用元-ごまろぐ

市販の充血をとる目薬の問題点とは?

・充血をとる目薬

薬局に行くと、目薬がたくさん並んでいます。その中には、「充血をとる」効果をうたったものがたくさんあります。

そういう薬は、さしてみると確かに目が白くなります。なんだか効いたような気もしてきます。

こういう目薬には、たいてい「血管収縮剤」という成分が入っています。点眼すると、血管を強制的に収縮させるので、充血が引き、赤かった目が白くなります。

血管収縮剤には、塩酸ナファゾリン、塩酸テトラヒドロゾリン、塩酸フェニレフリンなどがあります。成分表示で確認して下さい。

・見かけだけ白くなっても

血管収縮剤は、市販の薬にはよく使われている成分です。5〜6種類の成分が混合してあって、その中の1種類が血管収縮剤というのが一般的です。しかし、実は眼科医が処方する目薬にはほとんど入っていません。(たまに使う時でも血管収縮剤単独の目薬が使われます)

なぜかというと、血管収縮剤は見た目だけ充血をとる薬で、病気そのものを良くしているわけではないからです。

例えば、結膜炎になったときのことを考えてみましょう。結膜炎で目は充血しています。ここに血管収縮剤をさせば、赤かった目は白くなります。でも、決して結膜炎が治ったわけではなく、治療にはなっていません。結膜炎を治すには、本来、細菌に対して抗菌剤を使ったり、炎症を抑える薬を使ったりしなければなりません。でも、血管収縮剤にそんな作用はありません。

血管収縮剤で充血がおさまると、病気が治ったと誤解してしまうかも知れません。結膜炎の炎症の程度は充血の程度を見て判断することができますが、血管収縮剤を使ってしまうと、炎症の程度が判断できなくなってしまいます。

つまり、血管収縮剤は、炎症性の病気に対してむやみに使わないほうがよいのです。

引用元-川本眼科

 

twitterの反応


https://twitter.com/MelFlover/status/588848092935368705
https://twitter.com/issyxwx/status/588624882088312832

関連記事はこちら

 - 病気・薬

ページ
上部へ