噂の情報バラエティマガジン

オスマガ

ストレスからくる頭痛と微熱・・・どうやって対処する?

   

ストレスからくる頭痛と微熱・・・どうやって対処する?

ストレスがたまり、頭痛や微熱が続く・・・ただの風邪?

それとも何かの病気につながる?

ストレスからくる頭痛や微熱症状についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

e61b50b2b0243a056b8ac9e4160af227_s
流産の可能性が高い時期はいつ?原因や予防は?

流産は何らかの理由で胎児が育たなかったり流れ出てしまうことを...

3cdac530885246e1bb94bad85ca2121b_s
養育費調停で弁護士に依頼するメリットは?有利になる?

離婚後の養育費に関して話し合いがまとまらない場合、養育費請求...

9fc49a403bad4234097fc804b8c9cee0_s
有給休暇も消化して退職願はボーナス支給後がベスト!

退職を考えた時、まずどの時期に退職願を出すべきかタイミングを...

395f0ac51fb5e481cf7a808dc1b537a7_s
薬学部で留年すると就職に影響はあるの?対策は?

薬学部に入ったものの、勉強につまづき留年をしてしまう人も多い...

44caa8b6aabacffd3bf3f4e0be2a2b45_s
野球の練習着(夏用)におすすめなのは?

夏の暑い時期の野球の練習、夏用の練習着は暑さ対策なども考慮し...

24ec0934c1909b916c12aee515040380_s
料理下手な主婦がついやってしまう調理の間違いとは

料理が下手な人、上手な人がいますよね。
<...

d36fe19339e642db241bbc13e9a5558a_s
恋愛不安になる心理は?不安を乗り切る方法も伝授!

恋愛に不安はつきものです。

で...

92d5bf4900de5429fbf1301657254440_s
連絡先の交換を迫られたときに上手く断る方法!

職場関係や合コンなど、連絡先の交換を迫られる場合があります。...

a0001_016801
歴史を大人になってから勉強する時は○○法がおすすめ!

子供のときは歴史に興味がない人も、大人になってから急に歴史に...

e46d78f49577516178361cd0fac1d6cc_s
野球の投手に必要な筋トレとは?バランスが重要!

野球の投手が球速をアップするためには筋トレが不可欠です。 ...

8bbee84a3dab20d7d576049aa9a85e3b_s
野球の打順の組み方を一挙公開!ベストな選び方とは?

野球の戦略で大事なのは打順の組み方にあるようです。

3f0bd00503a3de74b820eabf26931867_s
同棲解消は寂しいだけじゃすまない!?その理由とは

同棲を解消する場合、さまざまなトラブルが起こります。

134f2f4ce5fd35b426f00f0e7b00720c_s
頭痛が毎日午後から・・・原因は?予防するには?

毎日午後から起こる頭痛・・・とても辛いですよね。

8f439eb3b877cda80c9999a407bc42dc_s
結婚に反対!その理由は家柄・・・親が結婚に反対する理由

結婚はみんなに祝福されたいものですが、家柄が理由で親に反対さ...

e32139af27ce033c131272fc25ac3583_s
ご飯を冷凍した場合の賞味期限、目安は○ヶ月!

余ったご飯を冷凍した場合、すぐ食べる場合もあればしばらく冷凍...

2076020872f27b6711af28cc2a3b842b_s
健康診断の結果がわかるまでどのくらいかかるの?

健康診断を受けた場合結果を早く知りたくなるものです。

a0002_004762
会社の飲み会で挨拶回りをするときのタイミングは?

「飲みにケーション」という言葉を耳にしたことありますか? ...

a1180_015442
右手の薬指の痺れは何が原因?考えられる病気とは

右手の薬指だけなぜか痺れる・・・違和感もあり何が原因なのか気...

a0001_003289
フロントガラス飛び石よる傷を補修キットで修復するには?

飛び石等によるフロントガラスの傷、放っておくと傷も広がる可能...

a0003_000896
キャンプ料理!朝食で簡単に作れて美味しいレシピ♪

キャンプ料理にはいろいろありますが、何かと忙しい朝食は手軽に...

スポンサーリンク


風邪とは違うストレスによる発熱

ストレスによる熱は、かぜなどによる発熱とは起こりかたが違う

かぜなどによる発熱は炎症をともなう

かぜを引いたときの発熱は、ウイルス感染によって生じた炎症が信号となり、脳が交感神経と筋肉に命令して体温を上げ、ウイルスをやっつけやすくする反応です。この時の信号として働くのが、炎症性サイトカインとプロスタグランジンE2 (PGE2)とよばれる物質です。かぜを引いたときにのむ漢方薬の葛根湯はサイトカインの産生を抑えることで、また解熱薬はPGE2の産生を抑えることで解熱作用を発揮します。

ストレス性の熱には解熱剤が効かない

その一方で、精神的なストレス状況でも、ストレスに対処するために交感神経の働きが活発になり、体温が上がります。 両者は体温が上がるという点では同じですが、ストレス性の場合、サイトカインとPGE2は関与しないので、病院で血液検査をしても異常(炎症反応)はみられず、かぜ薬や解熱薬など炎症を抑える薬を飲んでも、熱は下がらないのです。ストレス性の熱の場合、かぜを引いたときの発熱とはメカニズムが違うので、ストレス性に生じた高体温状態を心因性“発熱”と呼ぶのは正しい表現とは言いがたいのですが、歴史的に、このように呼ばれています。私は「ストレス性高体温症」と呼ぶ方がよいと考えています。

引用元-テルモ体温研究所

ストレスで微熱がでる?原因は?

発熱の原因はいろいろありますが、ストレスで交感神経が優位になることで体温調節がうまくいかなくなり、微熱が出る、というケースは意外に多いものです。

同様に、交感神経が優位になると血管を収縮させる作用があるので、首の筋肉が硬直して頭痛を引き起こすこともあります。

熱と頭痛。
ストレスが原因で、まるで風邪のような症状となることがあるのです。

血液検査で肝機能や白血球の状態などを調べて、問題がなければ自律神経失調症を疑うことになります。

この場合、解熱剤を飲むより、リラックスを優先したほうが効果的です。

環境を変えたり、精神安定剤を飲んだだけで平熱に下がるケースも珍しくありません。

引用元-リラクゼーション整体 ツボゲッチューりらく屋

ストレスで熱が出ることもあるんじゃないでしょうか。
でも、あまり気にしすぎると余計にストレスになるかも知れませんね。

私も以前、2週間ほどずっと微熱が出ていたのです(37.3度ぐらい)、
病院でも特に問題なしといわれたので、気にするのを止めました。(たしか、秋ごろだったと思います)
気にするのを止めてしばらくしたら平熱36.0度ぐらいに戻ってましたよ

日頃の疲れとストレス、季候の変化などいろいろなものが混ざって頭痛や微熱が出たりするのでしょうね
どうか、リラックスしてお体を大事にしてください。

引用元-YAHOO!JAPAN知恵袋

ストレスからくるその頭痛と微熱・・・慢性疲労症候群かも?

慢性疲労症候群は、その原因が明らかになっていない病気です。しかし、様々な研究の結果、病気の起こる仕組みが少しずつ明らかになってきました。  
 
私たちの身体は、神経系、ホルモン系、免疫系の3つがバランスを保って働いています。ところが、ストレスをきっかけにして、神経系の働きに異常が生じ、免疫の働きが低下すると、体内に潜伏していたウイルスが再活性化されます。そして、再活性化したウイルスを抑え込むために、体内では、免疫物質が過剰に作られるようになります。この過剰に作られた免疫物質が、脳の働きに影響を及ぼし、強い疲労感や様々な症状を起こすという説が有力です。

引用元-総合南東北病院

おもな症状

●微熱・頭痛・のどの痛み  
慢性疲労症候群の代表的な症状として微熱があげられます。平熱より0.5〜1.5℃程度高い熱が半年以上にわたって持続します。解熱鎮痛剤などを用いても熱があまり下がらないことも特徴といえます。 また、かぜをひいたときのような、のどの痛みや頭痛がするようになることがあります。
●疲労感
慢性疲労症候群では、日常生活に支障をきたすほどの疲労感が引き起こされます。 ちなみに、仕事や育児など、疲労の原因がはっきりしている場合は「慢性疲労」であり、慢性疲労症候群には当てはまりません。

引用元-総合南東北病院

微熱が続く女性は自律神経失調症かも?

微熱が続く女性の病気・原因・対処法について

女性のなかには「特に病気ではないのに微熱が続く」と気にされている方もいるでしょう。それはなぜなのか?原因や対処法をご紹介します。

微熱が続く女性の病気について

微熱が続くのは、自律神経の乱れからくる不調であることが多いようです。これは女性に限ったことではありませんが、比較的女性に多い傾向もあります。

女性は一般的に、排卵日から月経までの約2週間であったり妊娠中の期間は、基礎体温が高くなります。そうした理由もないのに、1ヶ月以上も37度前後の微熱が続く、また、だるさを感じたりするのに検査をしても異常がないようなら、自律神経の乱れからくる症状かもしれません。

引用元-自律神経失調症-完璧ガイド

自律神経失調症状

 人間のからだの内臓、血管、分泌腺や呼吸器などは、私たちの意志ではコントロールできない「自律神経」で自動的に調節されています。
 自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」の2つがあり、ストレスがかかると積極的にはたらくのが交感神経。逆に、副交感神経は、緊張が高まったり興奮したりしたときに、それをやわらげる役目をはたします。
 この2つの神経のバランスが、過度のストレスによって失われ、さまざまな症状があらわれるのが「自律神経失調症」です。1対2の割合で、男性より女性に多くみられるといわれています。
 自律神経失調症は、体中のいろいろなところに症状が出ます。頭痛、めまい、のぼせ、疲労感、脱力感、手足のしびれ、不眠、微熱、動悸や息切れ、胃のむかつき、便秘や下痢など、いくつもの症状が重なって現われたり、1つだけの症状が強く出ることもあります。

引用元-花王ロリエ

頭痛、微熱が続く・・ストレスをなくすのが一番?

微熱が続く病気の対処法

微熱が続くなどの不調をかかえる原因は・・・

不調を解消するためには、ストレスを減らす、副交感神経を優位にする、筋肉の緊張をゆるめる、といった対処法が大切になってきます。

ストレスを減らすのは難しいですし、意識して副交感神経を優位にするのも無理。ですが、マッサージをされて眠たくなった経験、ありませんか?これは全身の筋肉がほぐれることで副交感神経に切りかわって、眠たくなったのです。

体をほぐすことは、微熱にかぎらず不調の解消にとても大切なポイント。そこで・・・

自分でできる筋肉をほぐす方法

ストレッチや軽い運動や体をマッサージするのも効果的ですが、より効果的に体をほぐす方法があります。整体師さん、整骨院さん、アロマセラピストさんなど、全国で100を超えるプロの先生方も日々の施術で使っている方法なので、とてもおすすめです。参考になさってください。

引用元-自律神経失調症-完璧ガイド

ストレスをためない

慢性疲労症候群のきっかけになりやすいのが、ストレスの蓄積です。仕事や家事、育児などのストレスを避けることは難しい面がありますが、その一方で、自分で余分なストレスをためこんでいることもあります。夜更かし、アルコールの飲みすぎ、パソコンのやりすぎ、紫外線を長時間浴びる、風邪を放置するなどです。こうしたストレスをできるだけ避けることが大切です。

引用元-オムロン ヘルスケア



twitterの反応

関連記事はこちら

 - 病気・薬

ページ
上部へ