噂の情報バラエティマガジン

オスマガ

パニック障害ってどんな症状がでるの?血圧への影響は?

   

パニック障害ってどんな症状がでるの?血圧への影響は?

パニック障害になった芸能人についてテレビでも見るけど、

パニック障害ってどんな症状が出るの?血圧が上がるの?

パニック障害の症状や原因について、詳しく調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

e61b50b2b0243a056b8ac9e4160af227_s
流産の可能性が高い時期はいつ?原因や予防は?

流産は何らかの理由で胎児が育たなかったり流れ出てしまうことを...

3cdac530885246e1bb94bad85ca2121b_s
養育費調停で弁護士に依頼するメリットは?有利になる?

離婚後の養育費に関して話し合いがまとまらない場合、養育費請求...

9fc49a403bad4234097fc804b8c9cee0_s
有給休暇も消化して退職願はボーナス支給後がベスト!

退職を考えた時、まずどの時期に退職願を出すべきかタイミングを...

395f0ac51fb5e481cf7a808dc1b537a7_s
薬学部で留年すると就職に影響はあるの?対策は?

薬学部に入ったものの、勉強につまづき留年をしてしまう人も多い...

44caa8b6aabacffd3bf3f4e0be2a2b45_s
野球の練習着(夏用)におすすめなのは?

夏の暑い時期の野球の練習、夏用の練習着は暑さ対策なども考慮し...

24ec0934c1909b916c12aee515040380_s
料理下手な主婦がついやってしまう調理の間違いとは

料理が下手な人、上手な人がいますよね。
<...

d36fe19339e642db241bbc13e9a5558a_s
恋愛不安になる心理は?不安を乗り切る方法も伝授!

恋愛に不安はつきものです。

で...

92d5bf4900de5429fbf1301657254440_s
連絡先の交換を迫られたときに上手く断る方法!

職場関係や合コンなど、連絡先の交換を迫られる場合があります。...

a0001_016801
歴史を大人になってから勉強する時は○○法がおすすめ!

子供のときは歴史に興味がない人も、大人になってから急に歴史に...

e46d78f49577516178361cd0fac1d6cc_s
野球の投手に必要な筋トレとは?バランスが重要!

野球の投手が球速をアップするためには筋トレが不可欠です。 ...

8bbee84a3dab20d7d576049aa9a85e3b_s
野球の打順の組み方を一挙公開!ベストな選び方とは?

野球の戦略で大事なのは打順の組み方にあるようです。

3f0bd00503a3de74b820eabf26931867_s
同棲解消は寂しいだけじゃすまない!?その理由とは

同棲を解消する場合、さまざまなトラブルが起こります。

134f2f4ce5fd35b426f00f0e7b00720c_s
頭痛が毎日午後から・・・原因は?予防するには?

毎日午後から起こる頭痛・・・とても辛いですよね。

8f439eb3b877cda80c9999a407bc42dc_s
結婚に反対!その理由は家柄・・・親が結婚に反対する理由

結婚はみんなに祝福されたいものですが、家柄が理由で親に反対さ...

e32139af27ce033c131272fc25ac3583_s
ご飯を冷凍した場合の賞味期限、目安は○ヶ月!

余ったご飯を冷凍した場合、すぐ食べる場合もあればしばらく冷凍...

2076020872f27b6711af28cc2a3b842b_s
健康診断の結果がわかるまでどのくらいかかるの?

健康診断を受けた場合結果を早く知りたくなるものです。

a0002_004762
会社の飲み会で挨拶回りをするときのタイミングは?

「飲みにケーション」という言葉を耳にしたことありますか? ...

a1180_015442
右手の薬指の痺れは何が原因?考えられる病気とは

右手の薬指だけなぜか痺れる・・・違和感もあり何が原因なのか気...

a0001_003289
フロントガラス飛び石よる傷を補修キットで修復するには?

飛び石等によるフロントガラスの傷、放っておくと傷も広がる可能...

a0003_000896
キャンプ料理!朝食で簡単に作れて美味しいレシピ♪

キャンプ料理にはいろいろありますが、何かと忙しい朝食は手軽に...

スポンサーリンク


パニック障害とはいったいどんな病気?

突然、突き落されたような「激しい不安」や「焦燥感」に襲われ、胸がドキドキしたり、息が苦しくなったり、めまいがしたり、冷や汗をかいたりする劇症的な発作が起こることを「パニック発作」といい、このような発作が繰り返し起こる病気を総称して、「パニック障害 (パニック・ディスオーダー、略してP.D.)」または「パニック症候群」と呼んでいます。ここでは、前者の呼び名を用いて説明していきます。

パニック障害は、100人中1〜2人ないし3人が「一生のうちに一度は発症する」といわれているほど、比較的よくみられる病気です(これを分かりやすく言えば、都会の満員電車に乗っていれば、1つの車両で 3〜4人はパニック障害を発症し得る、と表現することもできます)。 好発年齢は25〜30歳で、女性のほうが男性よりも2倍ほど罹患する確率が高いといわれていますが、患者さんは10代から60代過ぎまで、あらゆる年齢層に分布しています。

引用元-鬱色時代

パニック発作は場所や状況にかかわらず、突然起こるのが特徴です。リラックスしているときや睡眠中でも起こります。こうした突然の発作を何度も経験するうちに、発作の起こった場所や状況に身をおくと、緊張が高まり、自ら発作が起こりやすい状況を作ってしまい、また発作を引き起こしてしまうといった繰り返しになります。
最近は、少しあわてた場合にも、「パニクる」などという言葉が使われますが、パニック発作のパニックは、そんな生やさしいものではありません。当人は激しい不安と恐怖で、生命の危機さえ感じます。

引用元-京都府

パニック障害になった芸能人

近頃だと、長嶋一重さんや、IKKOさんが代表的ですが、あとは堂本剛さんや中川家剛さん、
高木美保さんや島田紳助さんなどの面々もパニック障害を持っていました。

テレビ番組に多く出演している長嶋一茂さんは、自分からパニック障害のことを喋り、驚いた視聴者も多いようです。
あまりにも偉大な父親がいる一茂さんは、大変大きなストレスを抱えて野球の世界に入りました。
長嶋一茂さんは、ストレスの要因と言えるプロ野球から身を引いたことによって症状が良くなってきたようです。

引用元-パニック障害の原因と治療

芸能人などは人前で歌ったり、芝居をしたりするなど、常に多くの人々の注目に晒されているだけに、一般人よりも大きなストレスを感じ、パニック障害になりやすいともいえます。

そして、一般人と同じように悩み苦しんで、一時、活動を休止するなどして治療に専念し、ようやく克服して、見事、表舞台に復帰したケースも少なくありません。その後、実はパニック障害だったということを告白して、話題となったこともありました。

現在、わかっているだけでも長嶋一茂、川上麻衣子、円広志、大場久美子、堂本剛、高木美保、中川家剛、田中美里、堺正章の元妻の岡田美里、アン・ルイス、島田洋七、比企理恵、さらに海外では、ニコラス・ケイジやマイケル・ジャクソンなどもパニック障害に悩まされ、克服してきました。

引用元-パニック障害の治療法110番

パニック障害の原因とは?

パニック障害の原因は、幼少期の分離不安、強いストレス、繊細・神経質・こだわりや不安が強いなどの性格、遺伝的要因などが考えられるそうです。

寝る前など、リラツクス時ほどパニック発作を起こしやすく、また、パニック発作の経験が再発の恐怖を呼び起こすようです。やさしくて他人思い、神経質で不安が強い人、心配性でせっかちな人に多いそうです。

症状が進行すると、発作が起きたらどうしようという不安から、電車やエレベーターなどの閉鎖空間を恐れる 「広場恐怖」 に陥ります。

パニック障害には、前駆期があり、急性期は1ヶ月〜1年、移行期は3ヶ月〜1年、慢性期は半年〜20年〜30年のようです。

うつ病の人は、考えられなくなりますが、不安症の人は脳のある場所が働き過ぎています。また、脳が働きすぎると疲れてうつ病になることもあります。うつ病と心配性では脳の働きは逆の関係にあります。

引用元-Tomy’s HP

・生活習慣から受ける様々な過度のストレス
・うつ病やアルコール依存症などの家系からくる因果関係
・体質、生活環境によるもの
・完璧を求める神経質傾向の性格
・過去における失敗や恐怖体験
・パニック時の症状経験による再発の恐れ

引用元-パニック障害の治療法110番

パニック障害と血圧との関係は?

パニック発作では、脈が急速に速くなり、血圧が急上昇(または急降下)することがあり、同時に脈打つような激しい頭痛や強い立ちくらみを覚えます。そのような場合は、「頭が膨れる感じ」「頭に血がのぼる感じ」 「首から脳へ大量の血が逆流している感じ」といった血圧変動に伴う症状や、「首や顔、目(の血管)が浮いてくる感じ」「鼻の粘膜から血が出そう」 「身体がふくらむような感じ」「頭のどこかが鬱血したような感じ」 「顔がむくんできた」「首が破れそうなほど脈打っている」などと表現される鬱血症状が現れます。 心悸亢進症状と併せて起こりやすい、大変不快な症状です。

引用元-鬱色時代

本態性低血圧症も起立性低血圧症もつらい病気。にも関わらず、高血圧に比べて重要視されないため、病院へ行っても見過ごされることも。つらい症状の原因が低血圧とわからず、放置して症状を悪化させる人も。

さらに、体の不調が心理面に影響することも問題です。午前中は調子が上がらないため、さぼっていると評価され、落ち込む人もいます。また、本人に低血圧の自覚がない場合、低血圧の症状をうつだと思い込むことも問題で、うつと誤診されることも多いのです。

低血圧には、過敏性腸症候群やアレルギー疾患、パニック障害など多くの関連疾患があります。まずは自分が低血圧かどうか、基礎血圧を記録しましょう。症状を改善するには、まずは低血圧だと自覚することが重要。次に生活改善を心がけて、病院で適切な治療を受けましょう。

引用元-ウーマンコム

もし自分がパニック障害になったら・・・

どんな病気でも、ご家族の力で回復をスムースにすることができます。 パニック障害はまだあまり一般に知られていないこともあって、
本人・家族ともに戸惑ってしまうことが多いようです。

●まず病気であることを理解する

パニック発作が起きて病院で検査を受けても何も異常がない。

これがパニック障害のよくある発症パターンです。
検査で異常がないと病気ではないと思いがちですが、
そんなことはありません。
パニック障害は医学的にも認められている病気のひとつです。
現代の検査ではまだ
異常所見が発見できないだけ、と考えた方がいいでしょう。

●「気のせい」という言い方はしない

「気のせい」という言い方は患者さんを傷つけることが多いものです。

つらい症状が確かにあるのに、
気のせいだと言われてはもっとつらくなります。
検査で異常がないと、残念ながら医者の中にも
「気のせいだから大丈夫」という説明をする人がいます。
こうした場合、「大丈夫」ということは確かですが、
「気のせい」という言葉は聞き流して、
専門の先生の診察を受けるようにしましょう。

●一度はからだの検査を受けさせる

明らかにパニック発作の症状であっても、
一度はからだの検査を受けることは必要です。

検査で異常がないことがわかってはじめて、
パニック障害の診断になるのです。
心臓の検査が中心になります。
検査は精密に行った方がいいことはもちろんですが、
あまり念をいれすぎたり、何回も同じ検査を受けることは考えものです。
一度正常とわかれば、パニック障害の治療をはじめる方がいいでしょう。

引用元-A PLACE IN THE SUN



twitterの反応


https://twitter.com/doll_trial/status/354647461282856961

関連記事はこちら

 - 病気・薬

ページ
上部へ