噂の情報バラエティマガジン

オスマガ

子どもがアトピーに・・・原因は?悪化させないためには?

      2016/01/05

子どもがアトピーに・・・原因は?悪化させないためには?

アトピーはあらゆる年齢層で発症するそうです。かゆみもありとても辛いですよね。

子どもがアトピーになってしまうのはどういった原因が考えられるのでしょうか?

子どものアトピーの原因について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

e61b50b2b0243a056b8ac9e4160af227_s
流産の可能性が高い時期はいつ?原因や予防は?

流産は何らかの理由で胎児が育たなかったり流れ出てしまうことを...

3cdac530885246e1bb94bad85ca2121b_s
養育費調停で弁護士に依頼するメリットは?有利になる?

離婚後の養育費に関して話し合いがまとまらない場合、養育費請求...

9fc49a403bad4234097fc804b8c9cee0_s
有給休暇も消化して退職願はボーナス支給後がベスト!

退職を考えた時、まずどの時期に退職願を出すべきかタイミングを...

395f0ac51fb5e481cf7a808dc1b537a7_s
薬学部で留年すると就職に影響はあるの?対策は?

薬学部に入ったものの、勉強につまづき留年をしてしまう人も多い...

44caa8b6aabacffd3bf3f4e0be2a2b45_s
野球の練習着(夏用)におすすめなのは?

夏の暑い時期の野球の練習、夏用の練習着は暑さ対策なども考慮し...

24ec0934c1909b916c12aee515040380_s
料理下手な主婦がついやってしまう調理の間違いとは

料理が下手な人、上手な人がいますよね。
<...

d36fe19339e642db241bbc13e9a5558a_s
恋愛不安になる心理は?不安を乗り切る方法も伝授!

恋愛に不安はつきものです。

で...

92d5bf4900de5429fbf1301657254440_s
連絡先の交換を迫られたときに上手く断る方法!

職場関係や合コンなど、連絡先の交換を迫られる場合があります。...

a0001_016801
歴史を大人になってから勉強する時は○○法がおすすめ!

子供のときは歴史に興味がない人も、大人になってから急に歴史に...

e46d78f49577516178361cd0fac1d6cc_s
野球の投手に必要な筋トレとは?バランスが重要!

野球の投手が球速をアップするためには筋トレが不可欠です。 ...

8bbee84a3dab20d7d576049aa9a85e3b_s
野球の打順の組み方を一挙公開!ベストな選び方とは?

野球の戦略で大事なのは打順の組み方にあるようです。

3f0bd00503a3de74b820eabf26931867_s
同棲解消は寂しいだけじゃすまない!?その理由とは

同棲を解消する場合、さまざまなトラブルが起こります。

134f2f4ce5fd35b426f00f0e7b00720c_s
頭痛が毎日午後から・・・原因は?予防するには?

毎日午後から起こる頭痛・・・とても辛いですよね。

8f439eb3b877cda80c9999a407bc42dc_s
結婚に反対!その理由は家柄・・・親が結婚に反対する理由

結婚はみんなに祝福されたいものですが、家柄が理由で親に反対さ...

e32139af27ce033c131272fc25ac3583_s
ご飯を冷凍した場合の賞味期限、目安は○ヶ月!

余ったご飯を冷凍した場合、すぐ食べる場合もあればしばらく冷凍...

2076020872f27b6711af28cc2a3b842b_s
健康診断の結果がわかるまでどのくらいかかるの?

健康診断を受けた場合結果を早く知りたくなるものです。

a0002_004762
会社の飲み会で挨拶回りをするときのタイミングは?

「飲みにケーション」という言葉を耳にしたことありますか? ...

a1180_015442
右手の薬指の痺れは何が原因?考えられる病気とは

右手の薬指だけなぜか痺れる・・・違和感もあり何が原因なのか気...

a0001_003289
フロントガラス飛び石よる傷を補修キットで修復するには?

飛び石等によるフロントガラスの傷、放っておくと傷も広がる可能...

a0003_000896
キャンプ料理!朝食で簡単に作れて美味しいレシピ♪

キャンプ料理にはいろいろありますが、何かと忙しい朝食は手軽に...

スポンサーリンク


子どもがアトピーになる原因と症状について

原因は何か

乾燥肌に対する刺激として、乳児期ではよだれや食べこぼし、涙、衣服などとの摩擦(まさつ)が原因になります。

幼児期から学童期にかけては、汗や土が刺激になりやすく、空気が乾燥する冬と汗をかきやすい梅雨から夏にかけて悪化しがちです。

もちろん、皮膚をかく刺激は皮膚炎の大きな悪化の原因になります。

また、とくに乳児期には、卵白や牛乳などの食物に対するアレルギーのためにかゆみや紅斑(こうはん)、じんま疹などによって症状の悪化がみられることがあります。

症状の現れ方

乳児では生後2カ月目ごろから、頬や口のまわり、頭部などにかさぶたのついたじくじくした皮膚炎がみられ、次第に首から前胸部、肘(ひじ)や膝(ひざ)の内側にも同様の症状が広がっていきます。

耳切れもよくみられます。顔の紅斑は1歳過ぎまで続きますが、その後次第に軽くなります。

幼児期から学童期にかけては首、腋(わき)の下、肘や膝の内側にかさかさした皮膚炎がみられるとともに、体幹とくに側胸部に鳥肌のように毛穴が盛り上がった、

いわゆるアトピー肌がみられ、とくに冬季には肌が全体に乾燥して粉を吹いたようになります。

慢性的にかくために皮膚は厚くごわごわしてきます。

引用元-小児のアトピー性皮膚炎|症状や原因・診断と治療方法など – gooヘルスケア

子どものアトピーを悪化させてしまう原因

■日常生活に潜むアトピーの要因~行動編

知らず知らずのうちに作ってしまっているアトピー性皮膚炎を悪化させる要因。

日々のちょっとした行動が、大きな影響を及ぼすこともあるのです。

汗をかいたまま放置して肌を不潔にしていたり、かゆみがあってかきむしってしまったりするのはもちろんのこと、石けん、シャンプー、リンス、化粧品、洗剤などの刺激で悪化してしまうことがあります。

また、食事でアレルギー症状を引き起こす原因となるアレルゲンを摂取している場合も考えられます。

他にも、寝不足や過労、精神的なストレスでもアトピーは悪化すると言われています。

対策として、肌はいつも清潔にし、睡眠をたっぷりとり、規則正しく健康的でストレスのない生活を送ることが、一番のポイントであると言えるでしょう。簡単なようでなかなかむずかしいことですね。

■日常生活に潜むアトピーの要因~環境編

アトピー性皮膚炎を悪化させる要因として、ダニ、ハウスダスト、花粉、カビ、動物の毛などのアレルゲンは、広く知られています。

このようなアレルゲンの多い環境の中で暮らし続ければ、当然アトピーは悪化の一途をたどってしまうばかりです。

対策としては、ダニが棲みつきやすいじゅうたんやカーペットなどを減らすなどが考えられます。

カーペットの中でも、特に湿気がこもりやすいウールカーペットや混紡のカーペットは避けましょう。

ダニは湿度55%以上になると居心地がよくなって元気になり、大量発生してしまうからです。

引用元-アトピーを悪化させてしまう原因とは? | スキンケア大学

子どものアトピーの原因は免疫の弱さ?

■手をかけすぎてしまうと肌が弱くなる

じつは、アトピーは上の子や一人っ子に見られます。初めての子育てだと、どうしても心配で手をかけすぎてしまうことってないでしょうか。

家では空気清浄機を使用し、子供が触れるものはこまめに除菌。本来の自然から隔離してしまうことで、結果として菌に対して免疫をつけることができずに、ちょっとした刺激でも肌が荒れるようになります。

さらに、お腹がすいたらジュースやお菓子を食べさせ、どこかに行くときは車で送り迎え。

子供のためにと思っていることが、結果として子供を運動不足にさせ、甘いものを食べ過ぎてしまい、健康を害してしまいます。

アトピーがほとんどなかった時代は、子供たちは公園で泥だらけになって遊び、お腹をぺコペコにすかせて、夕飯をいただいていました。

「守る」のではなく、何事も「経験」させるということも、大切なことなのかもしれません。

引用元-アトピーの8つの原因|体の力でアトピーは消える

■肌荒れは「肌を強く」するための訓練

赤ちゃんがお腹の中から出てきたとき、水(羊水)のない環境に対応できていないので、皮膚が荒れてしまうときがあります。

けれど、この乾燥や炎症を、クスリでおさえてしまうと、赤ちゃんはいつまでたっても肌を強くすることができずに、刺激に対して、とても弱い肌になってしまいます。

赤ちゃんの肌荒れは、「肌を強くしたい」という、働きのひとつです。健康的な肌になるには、症状を乗り越えるという「訓練」も必要です。

引用元-アトピーの8つの原因|体の力でアトピーは消える

子どものアトピー~かゆみの原因となる食べ物は?

病院で処方される「かゆみ止めの飲み薬」は、抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬と呼ばれるもので、どちらも、かゆみを起こすヒスタミンという体内の物質を主に抑えることでかゆみ止めとして働きます。

実は、このヒスタミンは、さまざまな食材に含まれています。

体調のよいときはそれほど問題なく食べることも可能ですがアレルギーの人が同じものを頻回にしかも大量に食べることは、禁物です。

特に「アレルギー症状が出ているとき」は、なるべく避けるようにしましょう。

●ヒスタミンを含む食材

ホウレンソウ

トマト

なす

とうもろこし

セロリ

たけのこ

えのきたけ

ジャガイモ

豚肉

牛肉

鶏肉

チーズ

ワイン

また、これらの食材は、「加熱、あく抜き」をすることにより、ヒスタミンの大半は食品中から消失されます。

できるだけ生で食べずに「しっかり調理」してから食べるようにしましょう。

引用元-かゆみの原因となる食べ物 | アトピーの原因と対策

子どもがアトピーになる原因は?

~悪い食べ物がアトピーを悪化させる~

食事をする時に食べた肉や魚だけでなく、お米や野菜、すべての中にタンパク質が含まれています。

体の中に取り入れられたタンパク質は、アミノ酸に分解され、吸収されます。

卵などの分解されにくいタンパク質は、小腸の粘膜ではじかれて、からだに取り入れない仕組みになっています。

しかし、最近は農薬浸漬けの野菜、米、抗生物質で育てられた豚や牛の肉など、環境の悪化から様々なタンパク質が汚染され、分解されにくい形になってきています。

なおかつ、消化器官が弱かったりすると、アミノ酸に分解できないばかりか、小腸の粘膜が薄く、からだに取り入れてはならないタンパク質のままで、体内への侵入を許してしまうことになります。

そうなると緊急事態を察知し、からだを守るため、異物の侵入を防せごうと、かゆみの原因といわれるヒスタミンが過剰に放出されます。その結果、アトピーの湿疹が発生するわけです。

私の両親は畑を作っており、出された野菜の多くは無農薬だったので、これも改善の理由のようです。

さらに砂糖の取りすぎはアトピーの子に良くないと言いますが、まさにその通りで砂糖は悪玉菌のエサになってしまうそうです。

悪玉菌が増えれば腸内環境が悪化し、自律神経のバランスが悪くなってしまいます。

そうすると、腸の動きや消化力も低下し、体内に有害なものやアレルゲンが入ってきた時にうまく消化できず、それがアトピーの原因になってしまいます。

引用元-アトピーの原因 | バイバイアトピー

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 出産・育児・子育て

ページ
上部へ