噂の情報バラエティマガジン

オスマガ

産後の体型どうやったら戻る?産後ダイエットの方法

      2015/11/02

産後の体型どうやったら戻る?産後ダイエットの方法

出産後、体型の変化に戸惑っている女性の方は多いのではないのでしょうか?

それでは産後の体型はどうやったら戻るのでしょうか?

産後の体型の戻し方についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

e61b50b2b0243a056b8ac9e4160af227_s
流産の可能性が高い時期はいつ?原因や予防は?

流産は何らかの理由で胎児が育たなかったり流れ出てしまうことを...

3cdac530885246e1bb94bad85ca2121b_s
養育費調停で弁護士に依頼するメリットは?有利になる?

離婚後の養育費に関して話し合いがまとまらない場合、養育費請求...

9fc49a403bad4234097fc804b8c9cee0_s
有給休暇も消化して退職願はボーナス支給後がベスト!

退職を考えた時、まずどの時期に退職願を出すべきかタイミングを...

395f0ac51fb5e481cf7a808dc1b537a7_s
薬学部で留年すると就職に影響はあるの?対策は?

薬学部に入ったものの、勉強につまづき留年をしてしまう人も多い...

44caa8b6aabacffd3bf3f4e0be2a2b45_s
野球の練習着(夏用)におすすめなのは?

夏の暑い時期の野球の練習、夏用の練習着は暑さ対策なども考慮し...

24ec0934c1909b916c12aee515040380_s
料理下手な主婦がついやってしまう調理の間違いとは

料理が下手な人、上手な人がいますよね。
<...

d36fe19339e642db241bbc13e9a5558a_s
恋愛不安になる心理は?不安を乗り切る方法も伝授!

恋愛に不安はつきものです。

で...

92d5bf4900de5429fbf1301657254440_s
連絡先の交換を迫られたときに上手く断る方法!

職場関係や合コンなど、連絡先の交換を迫られる場合があります。...

a0001_016801
歴史を大人になってから勉強する時は○○法がおすすめ!

子供のときは歴史に興味がない人も、大人になってから急に歴史に...

e46d78f49577516178361cd0fac1d6cc_s
野球の投手に必要な筋トレとは?バランスが重要!

野球の投手が球速をアップするためには筋トレが不可欠です。 ...

8bbee84a3dab20d7d576049aa9a85e3b_s
野球の打順の組み方を一挙公開!ベストな選び方とは?

野球の戦略で大事なのは打順の組み方にあるようです。

3f0bd00503a3de74b820eabf26931867_s
同棲解消は寂しいだけじゃすまない!?その理由とは

同棲を解消する場合、さまざまなトラブルが起こります。

134f2f4ce5fd35b426f00f0e7b00720c_s
頭痛が毎日午後から・・・原因は?予防するには?

毎日午後から起こる頭痛・・・とても辛いですよね。

8f439eb3b877cda80c9999a407bc42dc_s
結婚に反対!その理由は家柄・・・親が結婚に反対する理由

結婚はみんなに祝福されたいものですが、家柄が理由で親に反対さ...

e32139af27ce033c131272fc25ac3583_s
ご飯を冷凍した場合の賞味期限、目安は○ヶ月!

余ったご飯を冷凍した場合、すぐ食べる場合もあればしばらく冷凍...

2076020872f27b6711af28cc2a3b842b_s
健康診断の結果がわかるまでどのくらいかかるの?

健康診断を受けた場合結果を早く知りたくなるものです。

a0002_004762
会社の飲み会で挨拶回りをするときのタイミングは?

「飲みにケーション」という言葉を耳にしたことありますか? ...

a1180_015442
右手の薬指の痺れは何が原因?考えられる病気とは

右手の薬指だけなぜか痺れる・・・違和感もあり何が原因なのか気...

a0001_003289
フロントガラス飛び石よる傷を補修キットで修復するには?

飛び石等によるフロントガラスの傷、放っておくと傷も広がる可能...

a0003_000896
キャンプ料理!朝食で簡単に作れて美味しいレシピ♪

キャンプ料理にはいろいろありますが、何かと忙しい朝食は手軽に...

スポンサーリンク


産後に体型が戻らない・・・その理由は?

妊娠中に変化した体型が、産後に戻らなくなる理由としては以下の3つが考えられます。

1. 運動不足

産後は、自由に体を動かせるようになるまで時間がかかります。妊娠中の生活に慣れてしまって、体を動かす習慣もなくなっていますし、育児に追われる生活で改まって運動する機会もほとんどありません。そのため、産後は妊娠前にくらべて運動量が少なくなってしまっており、体に脂肪がたまって体型が戻らなくなります。

2. 栄養摂取量の増加

大きなお腹に圧迫されてあまりたくさん食べられなかった妊娠中と比べると、産後は圧迫がなくなり妊娠前同様に食べられるようになっています。開放感から食事量が増えた方や授乳のためにとせっせと栄養を摂取しようとしている方は、妊娠前に比べて食べる量が増えて体重が増えてしまいます。

3. 骨盤の歪み・緩み

出産のためにゆがんでしまった骨盤が体型崩れの原因となり、痩せにくい体にしています。出産のために緩み・開いた骨盤は産後に自然と戻りはしますが、ケアをしてあげないと元通りになるというわけにはいきません。元に戻らない状態のままで固まってしまうのが体型が元に戻らない大きな要因になります。

引用元-産後の体型戻しの方法は?元に戻らない原因と3つの対処法 – こそだてハック

産後の体型、戻るにはどうする?まずは今の自分の状況をチェック!

妊娠中は誰でも母胎を守るために妊娠前より脂肪がついてふっくら。
出産すればいつかは戻ると思っていたら……。
残念ながら、多くのママは体型の崩れに悩んでいます。
でもあきらめないで!
いつまでもキレイなママでいてほしいのは、ママ自身だけでなく、家族みんなの願いかも!?

今の自分から目をそらしていない?

まずは今の自分の状況をチェックしてみましょう。当てはまるものにチェックしてください。

 □ 出産後3カ月以上たったのに体重が元に戻らない
 □ 断乳したのに、授乳中の食欲のまま
 □ 出産後、体重計に乗る回数が減った
 □ 出産後、鏡を見る回数が減った
 □ 体重は元に戻ったのに、妊娠前の服で着られない(入らない)ものがある
 □ おなかの皮が伸びたままだ
 □ 入院中の産褥ニッパー以外に、リフォームインナーは使っていない
 □ 出産後、家族や知人が自分の後ろ姿を見ても気づいてくれなかったことがあった
 □ 出産後、運動をほとんどしていない

 
1つでもチェックがついたら、体型変化予備軍の恐れアリ。
チェックの数が多いほど、体型が元に戻らない要素がたくさんあるということ。
「ママになったのだから、母親らしい体型に満足している」と言える人はもちろんそれもOK。
でも「今の自分は仮の姿」と思っていて、現実から目をそらしていたらずっと仮の姿のままかもしれませんよ。

引用元-産後の体型リフォーム|ベビータウン

産後の体型、戻るにはどうする?産後ダイエットのポイント

産後ダイエットを成功させるための3つのポイントとは

産後ダイエットは一般的なダイエットと同様に考えていると、絶対に成功しません。産後の体にはやってはいけないNGポイントがたくさんありますし、守らなければならないルールがあるのです。

産後ダイエットの鉄則は大きく分けると以下の3つになります。

<食事制限>

食事量を極端に減らしたり抜いたりするダイエットはNG。

授乳中のママはおっぱいをあげるだけでカロリーを消費していますから、摂取カロリーを減らすことよりも、バランスよい食事を心がけます。

和食中心のメニューに替え、糖質と脂質を制限することで、体重を落としながら質のよい母乳を出すことを目指します。

<骨盤矯正>

産後ダイエットの基本は、出産によって開いてしまった骨盤を引き締めること。

骨盤ベルトやガードルなどがたくさん販売されていますから、自分に合ったサイズのものを選び、骨盤の下の部分をぎゅっと締めるように装着します。

骨盤の開きや歪みを矯正することで、体全体の骨格の歪みが改善され、姿勢が良くなったり筋肉量が増えて引き締まった印象になります。

内臓の下垂も改善されるので、下腹ポッコリにも効果がありますよ。

<運動>

運動は、産後1〜2ヶ月から始めます。妊娠中や出産後は運動する機会が減り、筋肉量も基礎代謝も落ちている状態。

そこで、家の中で赤ちゃんをあやしながらでもできる筋トレなどを工夫して行い、体全体の筋肉量を増やすトレーニングを心がけます。

筋肉量が増えれば、消費カロリーも増えますから、太りにくく痩せやすい体質へと変化させることができるのです。

引用元-産後ママさん必見!産後ダイエットを絶対成功させるガイド

産後の体に負担をかけるダイエットはNG!

出産という大事業を成し遂げたママの体は、産後1~2ヶ月はゆっくりと体を休めなければなりません。さらに、赤ちゃんへの授乳という大事なお仕事がありますから、体に負担となる、以下のようなダイエットは絶対にしてはいけません。

  • プチ断食・ファスティングダイエット
  • 炭水化物抜きなどの無理な食事制限
  • 激しいランニングや筋肉トレーニングなど
  • 体に合わないガードルや補正下着による締め付け

産後6ヶ月までの女性の身体は、ホルモンバランスが変化したり骨盤が動きやすく、身体が元の状態に戻ろうとする自然な力が働きます。上記のような無理なダイエットを行わずとも、自然に体重が落ちるようになっているのです。

ただ、産後のストレスなどで適正量を超えるドカ食いを繰り返してしまったり、ストレッチすら行わず、極端に体を動かさなかった場合などは、増えてしまった体重が落ちにくいこともあります。

そういった場合は、産後の体でも飲用できる安全なダイエットサプリなどを利用し、無理なくダイエットを行うことが大切です。

引用元-産後ママさん必見!産後ダイエットを絶対成功させるガイド

産後の体型、戻るにはどうする?お腹のたるみの正しい戻し方

産褥体操から始める!産後のお腹のたるみ解消計画

産後すぐには本格的なエクササイズは始められませんが、体調に問題がなければ産褥体操から少しずつ始めましょう。腹式呼吸や胸式呼吸を取り入れた産褥体操は基本的に横になった姿勢で行なうもので、血液の循環を促し、お腹の壁や骨盤底筋の回復をたすけてくれます。

産後に起こりやすい尿失禁や腰痛、便秘なども予防し、母体の回復を助けてくれます。産院で指導を受けることもできるので、やり方やコツをしっかり把握してから無理のない範囲で行うと良いでしょう。

体調が落ち着いたら骨盤ベルトで骨盤を戻す

体調が落ち着いてきたら、使い始めたいのが骨盤ベルトです。妊娠・出産によって大きく開いた骨盤が自然に元に戻ろうとする産後の時期に、正しい位置に戻るようにサポートするために使います。

最初はウエストやお腹は締めつけず、骨盤を支えて引き締めてくれるものを選ぶのがポイントです。ウエストラインを整えるウエストニッパーやガードルは、産後1か月頃から使用しましょう。いずれのアイテムも、身体に合ったサイズを選んでください。

産後1か月過ぎたらエクササイズ開始

悪露(おろ)が治まり、1か月健診を終える頃からは少しずつ運動を取り入れていきましょう。赤ちゃんを抱っこしながらできる簡単なエクササイズや、ウエストやヒップ、骨盤底筋に集中的にアプローチするストレッチや体操を行ってたるんだお腹をひきしめていきます。

1日に何度も行なう授乳の姿勢も、お腹のたるみに影響しやすいので気をつけましょう。妊娠中に低下した腹筋によって背筋が丸まった状態で授乳し続けていると、お腹の脂肪が取れにくくなります。

また、横座りやぺたんこ座りで授乳していると骨盤の歪みに繋がり、ぜい肉が付きやすくなるので要注意です。椅子に座れない場合でもあぐらや正座で座り、おへそからみぞおちまでをまっすぐキープし、お腹をへこませるように意識しながら授乳するだけでも腹筋を鍛える効果があります。毎日の授乳時間もお腹のたるみ改善に役立ててみましょう。

産後6か月頃までは身体が元に戻ろうとする力が働くので、ボディリメイクのチャンスです。気になるお腹対策は、この時期に集中して行いましょう。

引用元-産後のお腹のたるみの正しい戻し方 | ヘルスケア大学

twitterの反応

https://twitter.com/codon_m/status/623678815961624576
https://twitter.com/chanmi_paiotsu/status/623723253530411008

関連記事はこちら

 - 出産・育児・子育て

ページ
上部へ