噂の情報バラエティマガジン

オスマガ

ステロイドの副作用は治るの?副作用の対策は?

      2015/09/05

ステロイドの副作用は治るの?副作用の対策は?

アトピーなどで処方される「ステロイド」

ステロイドで1番気になるのが副作用ではないでしょうか。慢性的な使い方をすると様々な副作用に悩まされるようです。

ステロイドの副作用は治るの?何か対策はあるの?そんな疑問を調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

e61b50b2b0243a056b8ac9e4160af227_s
流産の可能性が高い時期はいつ?原因や予防は?

流産は何らかの理由で胎児が育たなかったり流れ出てしまうことを...

3cdac530885246e1bb94bad85ca2121b_s
養育費調停で弁護士に依頼するメリットは?有利になる?

離婚後の養育費に関して話し合いがまとまらない場合、養育費請求...

9fc49a403bad4234097fc804b8c9cee0_s
有給休暇も消化して退職願はボーナス支給後がベスト!

退職を考えた時、まずどの時期に退職願を出すべきかタイミングを...

395f0ac51fb5e481cf7a808dc1b537a7_s
薬学部で留年すると就職に影響はあるの?対策は?

薬学部に入ったものの、勉強につまづき留年をしてしまう人も多い...

44caa8b6aabacffd3bf3f4e0be2a2b45_s
野球の練習着(夏用)におすすめなのは?

夏の暑い時期の野球の練習、夏用の練習着は暑さ対策なども考慮し...

24ec0934c1909b916c12aee515040380_s
料理下手な主婦がついやってしまう調理の間違いとは

料理が下手な人、上手な人がいますよね。
<...

d36fe19339e642db241bbc13e9a5558a_s
恋愛不安になる心理は?不安を乗り切る方法も伝授!

恋愛に不安はつきものです。

で...

92d5bf4900de5429fbf1301657254440_s
連絡先の交換を迫られたときに上手く断る方法!

職場関係や合コンなど、連絡先の交換を迫られる場合があります。...

a0001_016801
歴史を大人になってから勉強する時は○○法がおすすめ!

子供のときは歴史に興味がない人も、大人になってから急に歴史に...

e46d78f49577516178361cd0fac1d6cc_s
野球の投手に必要な筋トレとは?バランスが重要!

野球の投手が球速をアップするためには筋トレが不可欠です。 ...

8bbee84a3dab20d7d576049aa9a85e3b_s
野球の打順の組み方を一挙公開!ベストな選び方とは?

野球の戦略で大事なのは打順の組み方にあるようです。

3f0bd00503a3de74b820eabf26931867_s
同棲解消は寂しいだけじゃすまない!?その理由とは

同棲を解消する場合、さまざまなトラブルが起こります。

134f2f4ce5fd35b426f00f0e7b00720c_s
頭痛が毎日午後から・・・原因は?予防するには?

毎日午後から起こる頭痛・・・とても辛いですよね。

8f439eb3b877cda80c9999a407bc42dc_s
結婚に反対!その理由は家柄・・・親が結婚に反対する理由

結婚はみんなに祝福されたいものですが、家柄が理由で親に反対さ...

e32139af27ce033c131272fc25ac3583_s
ご飯を冷凍した場合の賞味期限、目安は○ヶ月!

余ったご飯を冷凍した場合、すぐ食べる場合もあればしばらく冷凍...

2076020872f27b6711af28cc2a3b842b_s
健康診断の結果がわかるまでどのくらいかかるの?

健康診断を受けた場合結果を早く知りたくなるものです。

a0002_004762
会社の飲み会で挨拶回りをするときのタイミングは?

「飲みにケーション」という言葉を耳にしたことありますか? ...

a1180_015442
右手の薬指の痺れは何が原因?考えられる病気とは

右手の薬指だけなぜか痺れる・・・違和感もあり何が原因なのか気...

a0001_003289
フロントガラス飛び石よる傷を補修キットで修復するには?

飛び石等によるフロントガラスの傷、放っておくと傷も広がる可能...

a0003_000896
キャンプ料理!朝食で簡単に作れて美味しいレシピ♪

キャンプ料理にはいろいろありますが、何かと忙しい朝食は手軽に...

スポンサーリンク


ステロイドの副作用で肌荒れする?対策方法は?

皮膚科で用いられる肌荒れの薬がステロイド。

ステロイドは合成の副腎皮質ホルモンです。

ステロイドによって皮膚科の病気が改善していく方もいますが、逆にステロイドの副作用で肌荒れに悩まされる方もいます。

ステロイドの元となっているのは副腎皮質ホルモンと呼ばれるものです。

本来は副腎皮質ホルモンは人間の体内で作ることが出来ます。

そのため、一般的なステロイドの副作用として、副腎皮質ホルモンを作る働きが低下すると言われています。

副腎皮質ホルモンは多すぎても少なすぎてもいけません。

適度に出ているはずの副腎皮質ホルモンが分泌されなくなるとリバウンドなどが見られます。

ですが、肌荒れがステロイドの副作用として現れているときは副腎皮質ホルモンが過剰に出ている状態です。

副腎皮質ホルモンは大量に出ると免疫力を低下させることで知られています。

そもそも、アレルギーはある特定の物質に対して過剰反応(つまり免疫力が強すぎる)することから起こります。

ですが、副腎皮質ホルモンが過剰に出ると本来必要な免疫力まで落としてしまうことになります。

こうなると肌も敏感に反応し、アレルギーとは全く別の意味で肌荒れを起こしてしまうことがあります。

このような理由からステロイドは非常に慎重に扱わなければならない薬を考えられています。

医師の指導に従って正しい量を使わないと肌荒れを引き起こすだけではなく、慢性疲労、ひどい生理痛などの体のほかの症状にも関係してきます。

病院などでステロイドを処方されたときには説明をきちんとメモして、自分に合った使い方を教えてもらいましょう。

引用元-ステロイドの副作用で肌荒れする? | 肌荒れ対策でスベスベ美肌になれる!

ステロイドの副作用を気にして対策する前に、まず治す努力を!

■アトピーを治すにはアトピーを治すための努力
ちなみに私の場合も、ステロイドを止めたからアトピーが治ったのではありません。

アトピーを治すための取組みをしたから、アトピーが消えたのです。

これは本当に大切なポイントで、少し冷静になって考えればわかる筈です。

何故ならステロイドが原因でアトピーになったのなら、ステロイドを止めればアトピーも
治るでしょう。

ところが現実はそうじゃない。

むしろ逆です。

ステロイドを使用したのは、アトピーと診断されたから。

そう。

アトピーと診断されたからステロイドを使用したのです。

だったらステロイドを止めれば、元のアトピーに戻るだけ。

それだけの話です。

ステロイドを止めてアトピーが治る理由はどこにもありません。

ココ、私のように重症化したアトピー患者は錯覚してしまう。

「ステロイドの悪い毒が抜ければアトピーは治る!」なんて根拠が無くて、これは
「抗ガン剤を止めればガンは治ります!」と言ってるようなものです。

逆にアトピーが治れば、ステロイドは確実に切れます。

と言うか、アトピーが治れば、当然ステロイドは必要なくなります。

なので「ステロイドでアトピーを治す」という治療も「ステロイドなしでアトピーを治す」
と言う治療も、どちらも私には不自然に聞こえるのです。

と言うか、アトピーを治すのに
そこまで「ステロイド」「ステロイド」って躍起にならなくてもいい気がします。

なので、いつまでもステロイドの呪縛に捕らわれる必要はないって感じがします。

引用元-アトピー完治への道 | ステロイドの副作用

アトピー治療で必要なステロイド、副作用や対策も気になるけど・・・

アトピーを根本から治療するためには、
生活習慣をひとつひとつ見直していくことが重要なのだと思います。

東洋医学的な治療法。
体を温め、血行を良くする。そして人が本来持っている自然治癒力を発揮する。

そうやって内部から確実に身体を治癒していく。
それには時間が掛かりますが、 「 アトピーを根治させる 」 にはこういう方針が一番理にかなっているように感じます。

根本治療のポイントとなるのは、とりわけ内臓の強化であり、
そして毒素の排出(デトックス)ということになるでしょう。

また、ステロイド剤が諸悪の根源であるような意見も目にしますが、
副作用などの問題はあるのもの、強力な消炎作用で炎症を抑えてくれる効果があるのも事実。

漫然と使い続けてはいけませんが、
痒みや、かきむしりなどが酷く、炎症を悪化させてしまっているような場合には、
ためらわずにステロイド剤を使うのも大切なのでしょう。

引用元-アトピー治療.net - アトピー性皮膚炎の原因・症状・対策

ステロイドの副作用対策、「脱ステロイド」とは

アトピーの際病院へ行くと普通ステロイド軟膏を処方されます。

ステロイドはアトピーや湿疹などの皮膚病に大きな効果があります。

アトピーや湿疹に対してステロイドはその強い治療の効果の代償としてリバウンドなどの強い副作用をもっています。

一般的にステロイドの長期使用の副作用により副腎の抑制やクッシング症候群などがあげられますが、これは相当量の使用しない限り問題ないでしょう。

いちばん問題なのは皮膚への副作用です。

皮膚萎縮、ステロイド紫斑、毛細血管拡張などの症状が副作用としてでる可能性は非常に高くなります。

ステロイドの吸収率の高い顔などに使用した場合は顕著で、赤ら顔・掻破によるリンパ液破出などの副作用が現われ、それが体の部位に及ぶ場合もあります。

アトピーの場合これらの症状が顕著に現れます。

アトピーのあるなしに関係なく使わないにこしたことはありません。

(アトピーの症状や状態によって一時的に使ったほうがよい場合もあります。)

これらのアトピーの治療はまずステロイドを止める脱ステロイド(脱ステ)が必要ですが、急に脱ステロイドをすると激しいリバウンド症状などの副作用がでる可能性があります。

リバウンドを軽減するためにゆっくりと脱ステロイド(脱ステ)の治療をするためにも非ステロイド製品で脱ステロイドをしてアトピーの治療をする必要があります。

引用元-脱ステロイドとは 脱ステロイド支援アトピー対策の部屋

Q.ステロイドの副作用は治るの?対策は?

アレルギーの病気をステロイドの服用で直しました。

現在ステロイドを少しずつ減らしていっているのですが、顔の脂肪がついて(ムーンフェイスと言うそうですが)どんどん丸くなってゆきます。

ステロイドを減らしてゆけば直ってゆくものなのでしょうか。

直らないとしたら特に下あごの肉を取る何かいい運動や食べ物はありますか。

経験のある方のご意見を待ってます。

引用元-ステロイドの副作用は直りますか – その他(健康) | 教えて!goo

A.質問に対する答えとは

大丈夫ですよ! 私もめちゃめちゃ顔がはれ上がり
「針で突付いたらパーン!ってはちきれそうやなー」なんて言われてましたが
ステロイドを服用する前にまでは戻って無いですが
かなりマシになりました。

今でもその頃の写真を見返すと、まんまるまるです。
そしてその当時もかなり精神的に落ち込んでました。

体も食べる量は多くないのにスグに身に付いて、
それがステロイドの副作用とは知らず、年頃(?)だったので、凄く落ち込みました。

今は離脱はしてないですが、かなり減って、体型も戻りつつあり、顔も治まってきました。

下あごの肉も落ちていきますが、もしもっとすっきりさせたいと思われるようでしたら、
freegeoさんが女性でしたら、化粧水をつける時、首から下あごにむけて手の甲でマッサージして、
男性の方なら何もつけないでも手の甲で下から上にマッサージされる事をお勧めします。
あごのラインがかなり綺麗に出てくると思いますよ。

今は「本当に元に戻るだろうか…」と心配されてるかもしれないですが、しばらく何ヶ月かは耐えて下さい!
必ずむくんでたからだのあちこちに変化が現れます!

引用元-ステロイドの副作用は直りますか – その他(健康) | 教えて!goo

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ