噂の情報バラエティマガジン

オスマガ

急な体重減少が病気のサイン!?男性はメンタル面も注意!

      2015/08/12

急な体重減少が病気のサイン!?男性はメンタル面も注意!

体重が増えるのも困りますが、急に体重減少があると病気なのか心配になりますよね。

突然の体重減少、考えられる病気は?40代男性の体重減少で気をつけたいことは?

目安としては20歳の頃の体重より5キロ減った」場合のようです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

e61b50b2b0243a056b8ac9e4160af227_s
流産の可能性が高い時期はいつ?原因や予防は?

流産は何らかの理由で胎児が育たなかったり流れ出てしまうことを...

3cdac530885246e1bb94bad85ca2121b_s
養育費調停で弁護士に依頼するメリットは?有利になる?

離婚後の養育費に関して話し合いがまとまらない場合、養育費請求...

9fc49a403bad4234097fc804b8c9cee0_s
有給休暇も消化して退職願はボーナス支給後がベスト!

退職を考えた時、まずどの時期に退職願を出すべきかタイミングを...

395f0ac51fb5e481cf7a808dc1b537a7_s
薬学部で留年すると就職に影響はあるの?対策は?

薬学部に入ったものの、勉強につまづき留年をしてしまう人も多い...

44caa8b6aabacffd3bf3f4e0be2a2b45_s
野球の練習着(夏用)におすすめなのは?

夏の暑い時期の野球の練習、夏用の練習着は暑さ対策なども考慮し...

24ec0934c1909b916c12aee515040380_s
料理下手な主婦がついやってしまう調理の間違いとは

料理が下手な人、上手な人がいますよね。
<...

d36fe19339e642db241bbc13e9a5558a_s
恋愛不安になる心理は?不安を乗り切る方法も伝授!

恋愛に不安はつきものです。

で...

92d5bf4900de5429fbf1301657254440_s
連絡先の交換を迫られたときに上手く断る方法!

職場関係や合コンなど、連絡先の交換を迫られる場合があります。...

a0001_016801
歴史を大人になってから勉強する時は○○法がおすすめ!

子供のときは歴史に興味がない人も、大人になってから急に歴史に...

e46d78f49577516178361cd0fac1d6cc_s
野球の投手に必要な筋トレとは?バランスが重要!

野球の投手が球速をアップするためには筋トレが不可欠です。 ...

8bbee84a3dab20d7d576049aa9a85e3b_s
野球の打順の組み方を一挙公開!ベストな選び方とは?

野球の戦略で大事なのは打順の組み方にあるようです。

3f0bd00503a3de74b820eabf26931867_s
同棲解消は寂しいだけじゃすまない!?その理由とは

同棲を解消する場合、さまざまなトラブルが起こります。

134f2f4ce5fd35b426f00f0e7b00720c_s
頭痛が毎日午後から・・・原因は?予防するには?

毎日午後から起こる頭痛・・・とても辛いですよね。

8f439eb3b877cda80c9999a407bc42dc_s
結婚に反対!その理由は家柄・・・親が結婚に反対する理由

結婚はみんなに祝福されたいものですが、家柄が理由で親に反対さ...

e32139af27ce033c131272fc25ac3583_s
ご飯を冷凍した場合の賞味期限、目安は○ヶ月!

余ったご飯を冷凍した場合、すぐ食べる場合もあればしばらく冷凍...

2076020872f27b6711af28cc2a3b842b_s
健康診断の結果がわかるまでどのくらいかかるの?

健康診断を受けた場合結果を早く知りたくなるものです。

a0002_004762
会社の飲み会で挨拶回りをするときのタイミングは?

「飲みにケーション」という言葉を耳にしたことありますか? ...

a1180_015442
右手の薬指の痺れは何が原因?考えられる病気とは

右手の薬指だけなぜか痺れる・・・違和感もあり何が原因なのか気...

a0001_003289
フロントガラス飛び石よる傷を補修キットで修復するには?

飛び石等によるフロントガラスの傷、放っておくと傷も広がる可能...

a0003_000896
キャンプ料理!朝食で簡単に作れて美味しいレシピ♪

キャンプ料理にはいろいろありますが、何かと忙しい朝食は手軽に...

スポンサーリンク


男性が突然の体重減少、病気のサイン?

特に運動やダイエットをしているわけでもなく、食事もきちんと食べているのに、なぜか体重が減ってきた、ラッキーなんて思ってしまう人もいるかもしれません。
しかし体重が減るという現象が起きるには、主に、食事量の減少、エネルギー消費量の増大、栄養分の吸収不良という3つの要因があります。
意図的に食事を減らしたり、たくさん運動しているということであれば原因がはっきりしていますが、意図せずに体重が1年で10%以上、あるいは半年で5%以上の体重減少がある場合は、体重減少を伴う病気が潜んでいる可能性があります。

食べているのに体重が減る、という症状が出た際に疑われる病気には、

  • 肥満や生活習慣、遺伝が原因とされている「糖尿病」
  • 甲状腺ホルモンが過剰に分泌することで代謝が促進され痩せていく「バセドウ病」
  • 自律神経系や内分泌系の機能を乱し、体重を減少させる「うつ病」などの精神疾患

などがあります。
いずれにしても、いつもの食事量・運動量と変わらないのに痩せる場合には、早めに医療機関を受診することをおすすめします。

引用元-突然、体重が急激に減る現象!これって病気のサイン? | 糖尿病症状セルフチェック.com

突然の体重減少に悩む男性が意外と多い!?考えられる病気は?

病気を伴う体重減少について

甲状腺機能亢進症、糖尿病、慢性肝炎、肝硬変、膠原病、悪性腫瘍、アジソン病、慢性疲労症候群、うつ病、ネフローゼ症候群、腹膜炎、卵巣腫瘍、慢性膵炎など。

食事に関してはいつもと変わらないのにやせていく場合は甲状腺機能亢進症の可能性があり、その他症状には手のふるえ、汗をかくなどの症状が見られることがあります。

異常にのどが渇いて、頻尿を伴う場合は糖尿病の疑いがあります。
慢性肝炎、肝硬変、悪性腫瘍、膠原病、慢性疲労症候群の場合は、体重減少に伴い倦怠感や食欲低下がみられることが多いです。

食欲が低下して不眠や抑うつ気分を伴う場合は、うつ病の可能性があります。
ネフローゼ症候群、卵巣腫瘍、腹膜炎の場合は食欲低下による体重減少の他にお腹の張りを覚えることが多いです。

食欲低下による体重減少に伴って、腹痛や吐き気などがみられる時は慢性膵炎や膵臓がんの可能性があり、熱がある場合は膠原病、エイズ、肺結核、悪性リンパ腫の可能性があります。

慢性閉塞性肺疾患、肺結核、肺がんの場合はせきやたんが見られることが多く、高血圧を伴う場合は褐色細胞腫が考えられます。

引用元-体重増加や体重減少

男性も女性も注意!不可思議な体重減少の病気のサイン

体重減少が起こるということは、摂取するカロリーよりも、運動で消費するカロリーと基礎代謝のカロリーの和の方が大きく、1日のカロリーの差し引きがマイナスになる状態が続いているということになります。

体重減少に「思い当たる節がない」ということは、食事の量を減らしたり、運動量を増やしたりしたことはありません、ということです。そうなると、食事は食べているつもりでも摂取しているカロリーが少なくなっているのか、じっとしていても消費されるカロリーが増えているのか、ということになります。

消化器系のがんの場合には、みぞおちの痛みや下痢などの消化器症状で、知らず知らずのうちに食事量が減っていることがあり、そのような場合には、当然、体重が減少していきます。

引用元-2/2 体重減少はがんのサインって本当? [癌(がん)] All About

がん細胞は、正常の細胞よりも増殖・成長のスピードが速いケースが多いです。すなわち、がん細胞が体内に存在する場合には、それだけ多くのカロリーを、じっとしていても消費していくということになります。

肝臓や肺など、かなり大きくなっても臨床的な症状がでないケースでは、著明な体重減少(通常は、数ヶ月で10~15%の体重減少)を契機に色々と調べてみることで見つかる場合もあります。

もちろん、甲状腺機能亢進症のように悪性疾患以外でも基礎代謝量が増大するケースもありますし、疾患とは全く関係のない場合もあります。

心配しすぎる必要はありませんが、不可思議な体重減少が認められる場合には、念のため、医療機関を受診しておくことが良いと思います。

引用元-2/2 体重減少はがんのサインって本当? [癌(がん)] All About

急な体重減少は糖尿病の危険信号

運動も食事制限もしていないのに痩せていくワケ

糖尿病の食事療法や運動療法を適切に行っていれば、多くの糖尿病患者さんは緩やかに、健康的に痩せていきます。
しかし、特に運動も食事制限もしていないのに急激に体重が減っていく場合、糖尿病がかなり進行しているかもしれません。

なぜ、糖尿病で急激な体重減少が起こるのでしょうか?

インスリンは単に血糖のコントロールを行うだけでなく、栄養分を体内の細胞に取り込ませ、貯蔵する働きも持っています(参考文献:葛谷 健 編:インスリン 分子メカニズムから臨床へ 講談社サイエンティフィック)。
長い間高血糖状態が続くと、膵臓(すい臓)に大きな負担がかかり、膵臓から分泌されるインスリンの量が減少し、生命維持に必要な栄養を体内に貯めこむことができなくなり、体外に排出してしまうようになります。

初期段階では、体が「栄養が足りない」と察知し、脳から「栄養を供給せよ」という指令が出されるので、激しい食欲をもたらし、必要以上に栄養を溜め貯込もうとします。
ですが、体の中ではどんどん必要な栄養が排泄され、余分な脂肪分だけが溜め込まれるために、一時的に体重は急激に増えていきます。

その状態がさらに進むと、体は「いくら食べても栄養が供給されない」と察知し、次は体についた余分な脂肪から、栄養を供給しようとします。
結果、体についた脂肪を燃やして生命維持を図るのでどんどん痩せていくのです。

引用元-急な体重減少は糖尿病の危険信号。 ~糖尿病と体重の関係性とは?~ | 糖尿病の治療と予防ナビ.com – Part 2

40代から男性が気をつけたい「体重減少」

◆メンタルからくる体重減少

仕事のストレスが続くと、緊張時や活動時にはたらく交感神経がつねに優位となり、リラックス時にはたらく副交感神経が抑えられることで食欲が減退します。
またストレスは、胃炎や胃潰瘍、下痢の引き金にもなりますので、食事量の減少や、消化吸収の悪化も考えられます。
ストレスフルな現代では、この状態にある40代男性はかなり多いでしょう。
またうつ病においても、食欲減退は典型的な症状です。食べる気力がわかなくなり、体重が減っていきます。
こういったメンタル面からくる体重減少は、心療内科や精神科で薬を処方してもらうのが、もっとも確実な治療法です。今や心療内科は多くの人が気軽にかかる科ですので、深刻な身体の不調をきたす前に、ぜひ受診して相談しましょう。

引用元-体重が減ってきた

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ