噂の情報バラエティマガジン

オスマガ

妊娠初期の出血を経験しても流産しなかった人はいますか?

      2015/07/14

妊娠初期の出血を経験しても流産しなかった人はいますか?

妊娠初期に出血を見ると、驚いたり不安になったりしてしまいます。

でもそれは必ずしも流産を意味するものではないようです。

流産でなくても妊娠初期は少量の出血はありうることなので、慌てずに対応することが大切です。

先輩ママの体験談や、妊娠初期の出血があっても流産しなかった体験談などをまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

e61b50b2b0243a056b8ac9e4160af227_s
流産の可能性が高い時期はいつ?原因や予防は?

流産は何らかの理由で胎児が育たなかったり流れ出てしまうことを...

3cdac530885246e1bb94bad85ca2121b_s
養育費調停で弁護士に依頼するメリットは?有利になる?

離婚後の養育費に関して話し合いがまとまらない場合、養育費請求...

9fc49a403bad4234097fc804b8c9cee0_s
有給休暇も消化して退職願はボーナス支給後がベスト!

退職を考えた時、まずどの時期に退職願を出すべきかタイミングを...

395f0ac51fb5e481cf7a808dc1b537a7_s
薬学部で留年すると就職に影響はあるの?対策は?

薬学部に入ったものの、勉強につまづき留年をしてしまう人も多い...

44caa8b6aabacffd3bf3f4e0be2a2b45_s
野球の練習着(夏用)におすすめなのは?

夏の暑い時期の野球の練習、夏用の練習着は暑さ対策なども考慮し...

24ec0934c1909b916c12aee515040380_s
料理下手な主婦がついやってしまう調理の間違いとは

料理が下手な人、上手な人がいますよね。
<...

d36fe19339e642db241bbc13e9a5558a_s
恋愛不安になる心理は?不安を乗り切る方法も伝授!

恋愛に不安はつきものです。

で...

92d5bf4900de5429fbf1301657254440_s
連絡先の交換を迫られたときに上手く断る方法!

職場関係や合コンなど、連絡先の交換を迫られる場合があります。...

a0001_016801
歴史を大人になってから勉強する時は○○法がおすすめ!

子供のときは歴史に興味がない人も、大人になってから急に歴史に...

e46d78f49577516178361cd0fac1d6cc_s
野球の投手に必要な筋トレとは?バランスが重要!

野球の投手が球速をアップするためには筋トレが不可欠です。 ...

8bbee84a3dab20d7d576049aa9a85e3b_s
野球の打順の組み方を一挙公開!ベストな選び方とは?

野球の戦略で大事なのは打順の組み方にあるようです。

3f0bd00503a3de74b820eabf26931867_s
同棲解消は寂しいだけじゃすまない!?その理由とは

同棲を解消する場合、さまざまなトラブルが起こります。

134f2f4ce5fd35b426f00f0e7b00720c_s
頭痛が毎日午後から・・・原因は?予防するには?

毎日午後から起こる頭痛・・・とても辛いですよね。

8f439eb3b877cda80c9999a407bc42dc_s
結婚に反対!その理由は家柄・・・親が結婚に反対する理由

結婚はみんなに祝福されたいものですが、家柄が理由で親に反対さ...

e32139af27ce033c131272fc25ac3583_s
ご飯を冷凍した場合の賞味期限、目安は○ヶ月!

余ったご飯を冷凍した場合、すぐ食べる場合もあればしばらく冷凍...

2076020872f27b6711af28cc2a3b842b_s
健康診断の結果がわかるまでどのくらいかかるの?

健康診断を受けた場合結果を早く知りたくなるものです。

a0002_004762
会社の飲み会で挨拶回りをするときのタイミングは?

「飲みにケーション」という言葉を耳にしたことありますか? ...

a1180_015442
右手の薬指の痺れは何が原因?考えられる病気とは

右手の薬指だけなぜか痺れる・・・違和感もあり何が原因なのか気...

a0001_003289
フロントガラス飛び石よる傷を補修キットで修復するには?

飛び石等によるフロントガラスの傷、放っておくと傷も広がる可能...

a0003_000896
キャンプ料理!朝食で簡単に作れて美味しいレシピ♪

キャンプ料理にはいろいろありますが、何かと忙しい朝食は手軽に...

スポンサーリンク


妊娠初期の出血でも流産しなかった人の体験談とは・・・

私も妊娠初期は少量の出血が続いてました。

心拍が確認できるまでは気が気ではありませんでした。

心拍確認できた後も出血は続き入院はしなかったものの自宅安静でした。

結局安定期まで出血しましたが小さいもののしっかり動いてました(^O^)

なぜか安定期になったとたん出血がピタッと止まりました。それから順調な妊婦生活でした。

2600gで生まれた元気な娘も1歳半になりました。

引用元-妊娠6週で出血・・・。切迫流産と診断されました。それでも、無事に出… – Yahoo!知恵袋

私も6週目で突然、鮮血ではなかったのですが出血をし、切迫流産で緊急入院になりました。

排卵誘発剤でようやく妊娠をし、ホルモン注射を続けている矢先の出血でした。

入院してすぐにベッドに防水シーツを敷かれ「多分、流産するから大量出血するからシーツ敷くね」と言われ、横向きに横になり全身が震え力が入り一晩中泣きました。

「なんとか持ちこたえて!頑張って!」と祈るだけでした。

でも、その時の子供は小学二年生になり生意気盛りになりました(^^)v

何かしら縁があり、宿った命は頼りないけど大変強いものです。

今はお腹に宿ったちびちゃんの生命力を信じて、励まし続けてあげてください!大丈夫だよ!

引用元-妊娠6週で出血・・・。切迫流産と診断されました。それでも、無事に出… – Yahoo!知恵袋

妊娠中に出血などの兆候があっても流産しなかったママの体験談

私が初めて妊娠を知ったときは、茶褐色の出血がありました。

もともと生理不順だったので、生理がきたのだろうと思っていたのですが、1ヶ月近くも続き、微熱もあったので病院へ行きました。

最初は、大学病院へ行ったのですが、なんだか出血が止まらず、「大丈夫です」といわれたもののあまり丁寧な説明がなかったので不安になり、近くの総合病院に電話したところ話を聞いてくださり、そちらの病院へ行くことにしました。

切迫とかではないようでしたが、「安静にするにこしたことはない」といわれ、仕事もやめることにしました。

不安だったので、ほとんど寝て過ごしてました。

その後、赤ちゃんの袋が2つあることがわかったのですが、一つは心拍も聞こえず、生体反応がないとのことでした。

でも、そのことと出血は関係ないといわれました。

安定期に入ってからは出血もなく過ごしてきましたが、なんだか不安のままの10ヶ月でした。

結局、逆子だった為、帝王切開で生みました。

あの出血はなんだったのか、いまだに分かりません。

でも、一人は、初期の段階で育つことが出来ませんでしたが、赤ちゃんを無事出産することができて、よかったです。

引用元-出血しても(切迫流産でも)無事出産【マンガ流産のベイビーライオン】

流産を予防するには?

1. 普段の動作に気を付ける

受精卵の染色体異常が原因の早期流産と異なり、後期流産は腹部を打つなど外からの刺激が原因になるといわれています。長時間の立ちっぱなしを避けたり、電車などの人混みを避けるなどして、体に負担をかけない生活を送るように心がけましょう。

2. タバコをやめる

喫煙している妊婦さんは、妊娠中期の流産が特に多いといわれています。また、1日20本以上喫煙すると、非喫煙者に比べて自然流産の発生率が約2倍高くなるという研究データもあります。受動喫煙(副流煙)にも注意が必要です。

3. サイトメガロウイルスに注意する

サイトメガロウイルスに感染すると、流産や胎児に障害が起こるリスクが高まります。主に子供の尿や唾液が目や口に入ることで感染します。そのため、2人目の子どもを妊娠したときは、上の子のオムツや食事の世話で感染することがあるため注意が必要です。

引用元-妊娠初期の痛みと出血に注意!「流産」の兆候と予防法 – M3Q – 女性のためのキュレーションメディア

妊娠初期の出血について

妊娠初期の出血は、以下の3つのケースに分ける事ができます。

●流産の危険性があるもの

●治療や安静が必要なもの

●特に問題がないもの

血が出ているのを見ると、とても驚いたり不安になったりしてしまいますが、それは必ずしも流産を意味するものではありません。

例えば、流産の危険性がある場合に見られることもあれば、妊娠初期の症状として問題がない場合もあるのです。

しかし、それが危険なものなのか、心配のないものなのかは素人では判断することができません。

大量の出血や、継続的に症状がある場合には、産婦人科で診てもらうようにされて下さいね。

妊娠初期の出血は珍しいことではありません。

妊娠をしたことがある女性では、初期に出血を経験した方は意外にも多くいらっしゃいます。

パニックにならないよう慌てずに対応することが大切です。

出血はどれくらいの量か、腹痛はあるのか、血は茶色か鮮血かなど、状況を判断したり、病院など然るべき場所に連絡を入れたり、冷静に行動しましょう。

引用元-妊娠初期の出血(原因・症状と対応の仕方)、通常レベルの出血か流産のサインかを見極める 妊娠初期の出血について

妊娠初期の少量の出血・軽い痛みなら、緊急所受診は不要?

12週までの流産を防ぐ治療法はない――それなら、出血があっても急いで受診する必要はないのでしょうか。

「そうです。妊娠12週までに少量の出血や軽い腹痛があっても、夜間や休日など診療時間外に受診する必要はありません。次の健診日まで待つか、不安な場合は、翌日の診療時間内に受診してください。ただし、事前に産婦人科を受診していて、胎嚢が子宮の中にあることを確認している(子宮外妊娠ではない)というのが条件です」(中井章人先生、以下同)

ここで言う“少量の出血、軽い腹痛”は、「月経の1番多い日よりも少ない量、痛み」が目安。もし生理よりも多い出血や強い腹痛があったら、予定していた健診の前でも、受診したほうがいいそうです。この場合、すでに流産している可能性があるので検査をして必要な処置を行う、と中井先生。

でも、出血したら、赤ちゃんが無事なのか心配で、いても立ってもいられない気持ちになります。流産の不安を抱えながら過ごすのは、辛いものがありそうです。

「たしかに、そうですね。でも、出血が流産のサインとは限りません。妊娠した人のうち約30%は、妊娠8週頃までに少量の出血を経験します。流産した人も30%、流産しなかった人も30%の確率で出血するのです」

「出血すると、医師は便宜上「切迫流産」という診断名をつけることがあります。しかし、それは必ずしも流産が切迫しているという意味ではありません。切迫流産は、流産につながるものもあれば、流産とは関係ない場合もあるのです。結果がどちらになるかは、医師でも予測できないこと。そして、どちらにしても、薬や安静によって治療できるものではないのです」

12週までの少量の出血は、あわてず、心配しすぎず、たとえ切迫流産と診断されても、運命に身を任せる気持ちでいたほうがいい――。流産してしまっても、それは受診が遅れたせいでもなく、ハードワークや動き回ったせいでもない。自分を責める必要はどこにもないんですね。

引用元-妊娠12週までの流産は運命 安静も薬も効かない!│特集│So Da Tsu com

twitterの反応


https://twitter.com/Chie19850423/status/614409455975792640

関連記事はこちら

 - 出産・育児・子育て

ページ
上部へ