噂の情報バラエティマガジン

オスマガ

ジョギングの効果でお腹周りはすっきりするの?

   

ジョギングの効果でお腹周りはすっきりするの?

ジョギングは有酸素運動の代表的なものですが、それだけでお腹周りの脂肪は減るのでしょうか?

今回はジョギングの効果をいろいろ考えてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

e61b50b2b0243a056b8ac9e4160af227_s
流産の可能性が高い時期はいつ?原因や予防は?

流産は何らかの理由で胎児が育たなかったり流れ出てしまうことを...

3cdac530885246e1bb94bad85ca2121b_s
養育費調停で弁護士に依頼するメリットは?有利になる?

離婚後の養育費に関して話し合いがまとまらない場合、養育費請求...

9fc49a403bad4234097fc804b8c9cee0_s
有給休暇も消化して退職願はボーナス支給後がベスト!

退職を考えた時、まずどの時期に退職願を出すべきかタイミングを...

395f0ac51fb5e481cf7a808dc1b537a7_s
薬学部で留年すると就職に影響はあるの?対策は?

薬学部に入ったものの、勉強につまづき留年をしてしまう人も多い...

44caa8b6aabacffd3bf3f4e0be2a2b45_s
野球の練習着(夏用)におすすめなのは?

夏の暑い時期の野球の練習、夏用の練習着は暑さ対策なども考慮し...

24ec0934c1909b916c12aee515040380_s
料理下手な主婦がついやってしまう調理の間違いとは

料理が下手な人、上手な人がいますよね。
<...

d36fe19339e642db241bbc13e9a5558a_s
恋愛不安になる心理は?不安を乗り切る方法も伝授!

恋愛に不安はつきものです。

で...

92d5bf4900de5429fbf1301657254440_s
連絡先の交換を迫られたときに上手く断る方法!

職場関係や合コンなど、連絡先の交換を迫られる場合があります。...

a0001_016801
歴史を大人になってから勉強する時は○○法がおすすめ!

子供のときは歴史に興味がない人も、大人になってから急に歴史に...

e46d78f49577516178361cd0fac1d6cc_s
野球の投手に必要な筋トレとは?バランスが重要!

野球の投手が球速をアップするためには筋トレが不可欠です。 ...

8bbee84a3dab20d7d576049aa9a85e3b_s
野球の打順の組み方を一挙公開!ベストな選び方とは?

野球の戦略で大事なのは打順の組み方にあるようです。

3f0bd00503a3de74b820eabf26931867_s
同棲解消は寂しいだけじゃすまない!?その理由とは

同棲を解消する場合、さまざまなトラブルが起こります。

134f2f4ce5fd35b426f00f0e7b00720c_s
頭痛が毎日午後から・・・原因は?予防するには?

毎日午後から起こる頭痛・・・とても辛いですよね。

8f439eb3b877cda80c9999a407bc42dc_s
結婚に反対!その理由は家柄・・・親が結婚に反対する理由

結婚はみんなに祝福されたいものですが、家柄が理由で親に反対さ...

e32139af27ce033c131272fc25ac3583_s
ご飯を冷凍した場合の賞味期限、目安は○ヶ月!

余ったご飯を冷凍した場合、すぐ食べる場合もあればしばらく冷凍...

2076020872f27b6711af28cc2a3b842b_s
健康診断の結果がわかるまでどのくらいかかるの?

健康診断を受けた場合結果を早く知りたくなるものです。

a0002_004762
会社の飲み会で挨拶回りをするときのタイミングは?

「飲みにケーション」という言葉を耳にしたことありますか? ...

a1180_015442
右手の薬指の痺れは何が原因?考えられる病気とは

右手の薬指だけなぜか痺れる・・・違和感もあり何が原因なのか気...

a0001_003289
フロントガラス飛び石よる傷を補修キットで修復するには?

飛び石等によるフロントガラスの傷、放っておくと傷も広がる可能...

a0003_000896
キャンプ料理!朝食で簡単に作れて美味しいレシピ♪

キャンプ料理にはいろいろありますが、何かと忙しい朝食は手軽に...

スポンサーリンク


ジョギングでお腹が痩せる?

ジョキングなどの有酸素運動をやることで、お腹が痩せるのは何故なのか?ダイエット効果があるの?という疑問もあるかと思います。お腹を痩せるために、どうして有酸素運動なの?その理由は、より多くの脂肪をエネルギーとして消費できる運動だからです。

ジョキングのような有酸素運動で、一定時間以上の運動を続けていると、脂肪細胞に蓄えられた中性脂肪は分解され、遊離脂肪酸となって血液中に放出されます。この、遊離脂肪酸は、血液に乗って収縮運動を続けている筋肉にたどり着いて、そこで酸素を介してエネルギーを生み出す回路に取り込まれます。

そして、直接のエネルギー源、ATPに変換され、綺麗に消費されるという仕組みになっていると言われています。

つまり、身体に取り込まれる酸素を利用して、ある一定期間身体を動かし続けるジョキングなどの運動は、お腹に溜まりやすい脂肪を、エネルギー源として消費する条件にばっちりと適った運動だからです。

引用元-お腹痩せダイエット(ジョギング編)

これはランニングにも言えることですが、「体重が減っていないにも関わらずウエストサイズが小さくなる」ということです。

もちろんこれは半永久的な効果ではありませんが、運動生理学の実験においても、走ることによるウエスト引き締め効果は証明されています。

これは普段走る習慣がなく、カロリーバランスが取れている(つまりカロリー不足でもなくカロリーオーバーでもない状態)人が週2,3回のジョギングを始めた場合、体重が減っていないのにウエストサイズが1,2cm下がる現象です。

もちろんこの数字は人により違います。

引用元-ジョギングはお腹周りをすっきりさせる

お腹に効果的?スロージョギングとは

スロージョギングとは、その名のとおり

「ゆっくり走る」

こと。

ゆっくり、といっても皆さんが思い描くゆっくり、よりもさらにゆっくり、

つまり「歩いているか走っているか分からない」程度のゆっくりでランニングすることです。

引用元-脂肪を落とす!お腹まわりダイエット

スロージョギングなら疲れ知らずで効果抜群!

スロージョギングのほうがウォーキングよりも消費カロリーが多いのでダイエットにはより効果的です。

テレビの実験では、同じ速度4kmで両者の消費カロリーを調べたところ、

スロージョギングはウォーキングの1.6倍でした。

この消費カロリーを基礎代謝分を除いて脂肪の量に換算すると、1日20分で1年間行った場合、

ウォーキングが2.7kg減であったのに対し、スロージョギングは5kg減となりました。

同じ時間を費やしても、スロージョギングなら効率よく痩せられるのですね♪

引用元-スロージョギング3大効果

*スロージョギングをすると?*
1、カロリー消費量が大きいです。
2、体全体を揺らす事が出来るので、バランス良く痩せられます。特に、お腹周りのお肉がみるみるうちに落ちていきます。
3、ゆっくり走るので、頭に余裕ができ「脳のトレーニング」にもなります。

引用元-人気痩身エステ.com

毎日ジョギングしないと効果は出ない?

走ると決めて実行する場合、ダイエットしてお腹痩せしたいなら、週に一度まとめて走るよりも、10分間でも毎日走ったほうが、よっぽど効果的であると言われています。ジョキングのような有酸素運動は、たまにやるというのではなく、連続的にスイッチを入れて行うことが重要です。よく、ジョキングなどの有酸素運動は、始めてから20分以上続けないと、脂肪燃焼効果が出ないと言われてきました、根強く脂肪燃焼20分説はあります。

確かに、走り始めて20分以上経つと、脂肪の利用率が糖質のそれを上回る事実はあるのですが、最近の研究結果では、20分続けて走ろうと、10分ずつを2回に分けて走ろうと、脂肪の燃焼量は、さほど変わらないということが明らかになっています。

仕事が忙しいとか、性格的に長く走っていると退屈に感じてしまうという人は、とりあえず、20分説は忘れて、毎日10分でもいいので、走るという習慣をまず身につけることが大切です。

毎日繰り返す=あなたの身体の脂肪燃焼回路に、頻繁に油を差すというイメージを持ってください。ダイエットもお腹痩せも、まずは続けることが大切なのです。

引用元-お腹痩せダイエット(ジョギング編)

本当にジョギングだけでいいの?

ジョギングだけでも良いのですが、もっとインナーマッスルを刺激して引き締め効果を狙うことも出来ます。

そのポイントは、走る前に予めインナーマッスルを使っておくということです。

走る前に三木良介さんのロングブレスダイエットをしてみましょう。

正確に出来ている人はお腹のインナーがやや疲れる感じを受けると思います。

そうすると、すでにインナーを使う準備が出来ています。

この状態で、次にジョギングをするのです。

こうすることで、さらにインナーに刺激が与えられ、つまりインナーが鍛えられ、カロリーを消費しやすくしてくれるのです。

引用元-ジョギングはお腹まわりをすっきりさせる

私の場合毎日3キロのジョギングの後に、腹筋を鍛えるトレーニング(100〜300回、その日の体調等を考慮して)をし、その後に牛乳に混ぜたプロテインを服用していました。
一月もすると、お腹が固くなってくるのが分かり、三ヶ月で綺麗に腹筋が割れました。体脂肪も依然より5パーセント程落ちました。

食事も出来るだけタンパク質を多く含んだもの(鶏肉、納豆)などを食べていました。特に激しい運動をした後は意識して。
なので、仰る通りジョギングと腹筋を併用されながら高蛋白低カロリーの食事をされたらより効果的かと思います。

引用元-教えて!goo

どのくらい効果が出る?体験談

ウォーキングからスロジョグに変えて1ヶ月で2キロ落ちました。
ウォーキングは2ヶ月で約3㌔
やはりスロジョグは強し。

膝の痛みもあったので膝にサポーターをして歩き始め
スロジョグにする際も100m、200mと少しずつ距離をのばしました。

始めてまだ、1ヶ月ですが、走らないとなんだか最近落ち着きません。

50代でもできるんだ〜と思いました。

もう少ししたら10年やめていたテニスも復活します。

引用元-DietClub

平日は週に1〜2回、3km程のランニングと、週末は5〜10km未満を1回。
これを6か月続けました。
最初は早歩きくらいのスピードでしたが、後半3か月は慣れてきたので、スピードに乗って走れるようになりました。
もう少し回数を増やせれば、2kgは落とせたと思います。
下腹、腰回り、膝下部分などが痩せて、すっきりしました。
距離とスピードで消費カロリーが計算できるので、普段の食事のカロリーを記録し、それにあわせて、なるべくカロリー消費を増やせるような運動量を目指したのが、良かったのではないかと思います。

引用元-したばらららら

週5日、1日10kmを目標に実践中です。
専門家の書いた本を読んでから始めた方が成功します。
運動の習慣の無い方は、先ずウォーキングを始めて下さい。
ウォーキングを2ヵ月続ければ、スロージョギングの出来る体力が着きます。
そして、その時にはもう痩せているはずです。
スロージョギングをすれば更に痩せるペースも上がります。
いつの間にかランナー体型に成っていますよ。

引用元-DietClub



twitterの反応

関連記事はこちら

 - ダイエット

ページ
上部へ