噂の情報バラエティマガジン

オスマガ

一日に必要な水分摂取量、高齢者は?脱水症にも注意!

      2015/07/07

一日に必要な水分摂取量、高齢者は?脱水症にも注意!

もともと体内の水分が少ない高齢者。

高齢者が一日に必要な水分摂取量はどのくらいなのでしょうか?

脱水になりやすい高齢者は水分摂取量がとても重要なことがわかりました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

e61b50b2b0243a056b8ac9e4160af227_s
流産の可能性が高い時期はいつ?原因や予防は?

流産は何らかの理由で胎児が育たなかったり流れ出てしまうことを...

3cdac530885246e1bb94bad85ca2121b_s
養育費調停で弁護士に依頼するメリットは?有利になる?

離婚後の養育費に関して話し合いがまとまらない場合、養育費請求...

9fc49a403bad4234097fc804b8c9cee0_s
有給休暇も消化して退職願はボーナス支給後がベスト!

退職を考えた時、まずどの時期に退職願を出すべきかタイミングを...

395f0ac51fb5e481cf7a808dc1b537a7_s
薬学部で留年すると就職に影響はあるの?対策は?

薬学部に入ったものの、勉強につまづき留年をしてしまう人も多い...

44caa8b6aabacffd3bf3f4e0be2a2b45_s
野球の練習着(夏用)におすすめなのは?

夏の暑い時期の野球の練習、夏用の練習着は暑さ対策なども考慮し...

24ec0934c1909b916c12aee515040380_s
料理下手な主婦がついやってしまう調理の間違いとは

料理が下手な人、上手な人がいますよね。
<...

d36fe19339e642db241bbc13e9a5558a_s
恋愛不安になる心理は?不安を乗り切る方法も伝授!

恋愛に不安はつきものです。

で...

92d5bf4900de5429fbf1301657254440_s
連絡先の交換を迫られたときに上手く断る方法!

職場関係や合コンなど、連絡先の交換を迫られる場合があります。...

a0001_016801
歴史を大人になってから勉強する時は○○法がおすすめ!

子供のときは歴史に興味がない人も、大人になってから急に歴史に...

e46d78f49577516178361cd0fac1d6cc_s
野球の投手に必要な筋トレとは?バランスが重要!

野球の投手が球速をアップするためには筋トレが不可欠です。 ...

8bbee84a3dab20d7d576049aa9a85e3b_s
野球の打順の組み方を一挙公開!ベストな選び方とは?

野球の戦略で大事なのは打順の組み方にあるようです。

3f0bd00503a3de74b820eabf26931867_s
同棲解消は寂しいだけじゃすまない!?その理由とは

同棲を解消する場合、さまざまなトラブルが起こります。

134f2f4ce5fd35b426f00f0e7b00720c_s
頭痛が毎日午後から・・・原因は?予防するには?

毎日午後から起こる頭痛・・・とても辛いですよね。

8f439eb3b877cda80c9999a407bc42dc_s
結婚に反対!その理由は家柄・・・親が結婚に反対する理由

結婚はみんなに祝福されたいものですが、家柄が理由で親に反対さ...

e32139af27ce033c131272fc25ac3583_s
ご飯を冷凍した場合の賞味期限、目安は○ヶ月!

余ったご飯を冷凍した場合、すぐ食べる場合もあればしばらく冷凍...

2076020872f27b6711af28cc2a3b842b_s
健康診断の結果がわかるまでどのくらいかかるの?

健康診断を受けた場合結果を早く知りたくなるものです。

a0002_004762
会社の飲み会で挨拶回りをするときのタイミングは?

「飲みにケーション」という言葉を耳にしたことありますか? ...

a1180_015442
右手の薬指の痺れは何が原因?考えられる病気とは

右手の薬指だけなぜか痺れる・・・違和感もあり何が原因なのか気...

a0001_003289
フロントガラス飛び石よる傷を補修キットで修復するには?

飛び石等によるフロントガラスの傷、放っておくと傷も広がる可能...

a0003_000896
キャンプ料理!朝食で簡単に作れて美味しいレシピ♪

キャンプ料理にはいろいろありますが、何かと忙しい朝食は手軽に...

スポンサーリンク


高齢者に必要な一日の水分摂取量と注意点

食事以外でも1000〜1500mlは摂取しましょう

高齢者における1日に必要な水分量
一般的に高齢者は、食事から摂取できるもの以外に、1000〜1500ml必要だと言われています。
ただし、体調や環境の変化によっては、より多くの水分補給が必要となります。特に、発熱時・下痢・嘔吐をしたときは要注意です。

こまめに何度も摂りましょう

水分補給のコツ
高齢者は自分でのどの渇きを感じにくいため、進んで水分摂取をしようとしません。また、失禁などの排泄面が心配で水分補給を嫌がる方もいます。そんな方に無理やり水分補給を促しても嫌がってしまいます。
根気強く、「こまめな水分補給」「排泄面で精神的にも十分なケア」などが重要です。

誤嚥(ごえん)に気をつけて水分補給をしましょう

誤嚥と水分補給
「嚥下障害(えんげしょうがい)」という言葉をご存知ですか?水分補給をしようとしても嚥下障害を持っている場合は水分が気管に入ってしまい(誤嚥)、補給できていないということもあります。また、誤嚥するとむせてしまい、苦しいので水分補給を嫌がり、その結果脱水症状になってしまう、というケースもよく見受けられます。「むせ」が気になったときは、かかりつけのお医者さんに相談しましょう。

引用元-どんな点に注意すればよいか|介護・嚥下にお悩みの方のために|バランス株式会社

高齢者はもともと体内の水分が少ない!

もともと体内の水分が少ないお年寄り

お年寄りは、体内の水分量が少ないため、普段より多く汗をかくだけでも脱水症の原因となります。水分の摂取量が少ないと、食欲不振から食事量も減少してしまい、さらに脱水状態を進行させてしまいます。周囲の方は、常にお年寄りのコンディションを気づかうことが大切です。

お年寄りの一日に、必要な水分量は?

私たちは一日に約2.5Lの水をやりくりしています。それは、食事や飲料、そして、体内で生まれる水分の合計と、尿や便、呼気や皮膚からの蒸発で奪われる水分が一致していることが条件。そのため、食事や飲料からの水分摂取が減るお年寄りでは、そのバランスが崩れやすくなってしまうのです。

引用元-気づきにくいお年寄りの脱水状態|大塚製薬工場

高齢者は一日の水分摂取量に注意!脱水症になる場合も

高齢者の1日の水分量

 人が1日に排出する水分は、尿1,000〜1,500mL、便900mL、生理的に不感蒸拙で失われる水分100mLです。したがって、収支を合わせるためには、排出される量を摂取しなければなりません。

 1日の摂取量の内訳としては、食物中の水1,000mLと体内での代謝水200mL として、飲料水を800〜1,300mL取らなければなりません。大雑把に言うと、1日の水分摂取量は1,000mL(コップ3〜4杯 )が目安となります。  

 以上は通常の水分の摂取量であり、実際の摂取量を決めるときには、下痢や嘔吐、発熱による発汗、運動量の増加に伴う通常以上の発汗などの要因を考慮に入れなければなりません。

通常、水分が体重の10%喪失しますと循環不全を、15%の喪失で意識障害を来します。重度の脱水では、脳の神経細胞が特に影響を受けやすく、ときに昏睡状態となります。脱水状態に陥ると一気に体力が低下し、場合によっては生命を脅かすこともあります。

水分摂取に際しては、水分をどのように摂取するかも考えなければなりません。清涼飲料水には糖分が多く含まれているものが多く、原材料名などをチェックして糖分が多すぎないかを確認することが大切です。

引用元-高齢者の水分量

高齢者の脱水症状、対応は?

○脱水への対応策:脱水状態を疑ったら
 まず栄養状態も含めた食事摂取状況を確認し、次に脱水の原因(食欲不振や意識障害など)を探し、根本的な治療が必要かどうかを考えます。同時に、嚥下障害や咀嚼(そしゃく)機能低下などについても検討します。これらを踏まえた上で、脱水症における重症度を確認します。

 軽症であればまず食事をきちんと取らせながら、手近に飲み物を置きいつでもすぐ飲めるように配慮してあげることも重要です。十分な水分摂取は、結果的に認知機能障害による異常行動を防ぐ可能性もあります。

 入浴中や就寝中は想像以上に発汗しますので、入浴前後や就寝前、起床時などにも水分補給を勧めて下さい。ただし、より多くの水分量だけを確保させる目的で無作法に摂取させるのも危険です。特に心臓疾患や腎臓疾患を持ち合わせている方や、より高齢者では、若年者と比べて血行動態バランスを取るのにスムーズではなく時間がかかるため、急速な水分摂取はなるべく避け、より緩徐な水分摂取をお勧めします(入院の上での点滴補給ならば、浸透圧、血清Na値の正常化には少なくとも3日以上かける)。

 下痢や嘔吐、多量の発汗では、多くの水分だけでなく電解質も失っています。したがって、水分だけでなく電解質も速やかに補給する必要がありますので、イオン飲料を摂取した方が望ましいです。

 意識障害を認める場合は、嚥下機能が低下している可能性があり、一刻も早く点滴で水分や電解質を補給しなければなりませんので、原因検索も兼ねて早急に医療機関へ連絡して下さい。また、大量の下痢や嘔吐、発汗の場合も、わずかでも口から水分を摂取できる場合にはイオン飲料の経口補給を促して頂いて構いませんが、程度に応じて主治医に相談して医療機関で補液治療を受けて下さい。

引用元-健康長寿ネット-脱水症 【口が渇く、皮膚が乾燥する】

年齢と身体の水分、そのしくみ

私たちのからだの約3分の2は水からできています。
しかし、この水分量は年齢によってずいぶん変化します。

一日約2.5リットルの水分が失われるのです!!

高齢者のからだから失われる水分 生まれたての赤ちゃんは、体重の75〜80%が水。その後じょじょに細胞が増え、それとともにからだの水分量も減少します。

その後、からだに含まれる水分量は加齢とともに減少し、50%程度にまで減少します。まず高齢者の皮膚は水分を保つ力が減り、そのためにシワが目立つようになります。またからだから水が失われても、すぐにはのどの渇きを感じません。腎臓の働きも衰えますので、尿を濃縮することができません。

したがって同じ量の老廃物を排泄するためにより多くの尿が必要となり、からだから失われる水分の量も増加します。

一日に失われる水分量 からだから出ていく水分としては、皮フから一日600ミリリットル(コップ3杯)程度、また吐き出す呼気も水分を含んでいますので、一日に300ミリリットル(コップ1杯半)程度の水分を失います。尿はふつう一日に1.5リットル程度で、からだでできた老廃物質、摂りすぎたイオンや水などを体外へ排泄します。このために尿は少なくとも500ミリリットル必要です。

反対に大量に水分を摂取した場合には、それに応じて尿量が増えます。便から失われる水分は、せいぜい100ミリリットル程度ですが、下痢をすると失う量が増加します。

危険な脱水量とは?

脱水量が、体重の15〜25%におよぶと死の危険性があるとされていますが、比較的涼しい季節に、じょじょに水分が失われた場合は25%に近づき、夏、汗などで急激に水分が失われる場合には15%に近づきます。

引用元-●岐阜県中津川市:特別養護老人ホーム瀬戸の里

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ