噂の情報バラエティマガジン

オスマガ

バナナは栄養満点!子供の朝食やおやつにも最適な理由

      2015/07/06

バナナは栄養満点!子供の朝食やおやつにも最適な理由

高い栄養価を持ちながら低カロリーの果物、バナナ。

バナナは低価格で購入できるのも魅力ですよね。

そんなバナナは腹持ちもいい事から子供のおやつや朝食にも最適!

バナナの効果や子供が喜ぶおやつレシピなどをまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

e61b50b2b0243a056b8ac9e4160af227_s
流産の可能性が高い時期はいつ?原因や予防は?

流産は何らかの理由で胎児が育たなかったり流れ出てしまうことを...

3cdac530885246e1bb94bad85ca2121b_s
養育費調停で弁護士に依頼するメリットは?有利になる?

離婚後の養育費に関して話し合いがまとまらない場合、養育費請求...

9fc49a403bad4234097fc804b8c9cee0_s
有給休暇も消化して退職願はボーナス支給後がベスト!

退職を考えた時、まずどの時期に退職願を出すべきかタイミングを...

395f0ac51fb5e481cf7a808dc1b537a7_s
薬学部で留年すると就職に影響はあるの?対策は?

薬学部に入ったものの、勉強につまづき留年をしてしまう人も多い...

44caa8b6aabacffd3bf3f4e0be2a2b45_s
野球の練習着(夏用)におすすめなのは?

夏の暑い時期の野球の練習、夏用の練習着は暑さ対策なども考慮し...

24ec0934c1909b916c12aee515040380_s
料理下手な主婦がついやってしまう調理の間違いとは

料理が下手な人、上手な人がいますよね。
<...

d36fe19339e642db241bbc13e9a5558a_s
恋愛不安になる心理は?不安を乗り切る方法も伝授!

恋愛に不安はつきものです。

で...

92d5bf4900de5429fbf1301657254440_s
連絡先の交換を迫られたときに上手く断る方法!

職場関係や合コンなど、連絡先の交換を迫られる場合があります。...

a0001_016801
歴史を大人になってから勉強する時は○○法がおすすめ!

子供のときは歴史に興味がない人も、大人になってから急に歴史に...

e46d78f49577516178361cd0fac1d6cc_s
野球の投手に必要な筋トレとは?バランスが重要!

野球の投手が球速をアップするためには筋トレが不可欠です。 ...

8bbee84a3dab20d7d576049aa9a85e3b_s
野球の打順の組み方を一挙公開!ベストな選び方とは?

野球の戦略で大事なのは打順の組み方にあるようです。

3f0bd00503a3de74b820eabf26931867_s
同棲解消は寂しいだけじゃすまない!?その理由とは

同棲を解消する場合、さまざまなトラブルが起こります。

134f2f4ce5fd35b426f00f0e7b00720c_s
頭痛が毎日午後から・・・原因は?予防するには?

毎日午後から起こる頭痛・・・とても辛いですよね。

8f439eb3b877cda80c9999a407bc42dc_s
結婚に反対!その理由は家柄・・・親が結婚に反対する理由

結婚はみんなに祝福されたいものですが、家柄が理由で親に反対さ...

e32139af27ce033c131272fc25ac3583_s
ご飯を冷凍した場合の賞味期限、目安は○ヶ月!

余ったご飯を冷凍した場合、すぐ食べる場合もあればしばらく冷凍...

2076020872f27b6711af28cc2a3b842b_s
健康診断の結果がわかるまでどのくらいかかるの?

健康診断を受けた場合結果を早く知りたくなるものです。

a0002_004762
会社の飲み会で挨拶回りをするときのタイミングは?

「飲みにケーション」という言葉を耳にしたことありますか? ...

a1180_015442
右手の薬指の痺れは何が原因?考えられる病気とは

右手の薬指だけなぜか痺れる・・・違和感もあり何が原因なのか気...

a0001_003289
フロントガラス飛び石よる傷を補修キットで修復するには?

飛び石等によるフロントガラスの傷、放っておくと傷も広がる可能...

a0003_000896
キャンプ料理!朝食で簡単に作れて美味しいレシピ♪

キャンプ料理にはいろいろありますが、何かと忙しい朝食は手軽に...

スポンサーリンク


育ち盛りの子供のおやつにはバナナが最適!

バナナは遠足でも話題になるほど子どもたちが大好きなフルーツ。

幼児でも簡単にむいてかぶりつけますし、口いっぱいに広がる甘味も人気の理由です。

 また、栄養面ではでんぷんなどの糖質が活動量の多い子どもたちのエネルギー源になるだけでなく、ビタミンCやB1 、B2 などのビタミンや、カリウム、マグネシウム、鉄、銅など、子どもたちの成長に必要な栄養素も豊富です。

とくに豊富なカリウムは筋肉の運動などに欠かせない栄養素です。

カリウムはバナナ1本(100g)には360mgほど含まれているので、これで3〜5歳児の1日の所要量1100mgの約1/3をとることができます。

 エネルギーの目安で考えると、たとえば3〜5歳児の1日のエネルギー所要量は男子で1550kcal、女子で1500kcalですから、1回のおやつの目安はその10〜20%の155〜310kcalとなります。

バナナ1本(100g)のエネルギーは86kcalです。

これに、やはりおやつに必要な水分と食事でとりにくいカルシウムを補給するために牛乳200ml(134kcal)を組み合わせます。

すると合計で 220kcalになりますから、条件にぴったりのおやつメニューになります。

おなかをすかした子どもたちが家に帰ってきたら、バナナ1本と牛乳カップ1杯の最強のおやつで迎えてあげてください。

引用元-育ち盛りを応援します!子どものおやつはバナナで決まり! [コラム集] – Dole Japan, Inc.

バナナは低カロリーで栄養価と満腹感に優れている!

バナナ1本のカロリーはショートケーキに換算しても1/3個分しかありませんが、それでもバナナ1本でお腹は満たされる経験がある人は多いです。さらにバナナがダイエットに有効な理由が4個あります。

1.消化と吸収が良く、たっぷりの食物繊維で便秘の心配がありません。便通が改善されると、代謝も上がります。

2.ビタミンB6、ビタミンC、カリウムやマグネシウムなどのミネラルが豊富です。風邪のときによく食べるように体のエネルギー源になります。

3.甘味の元としてブドウ糖、果糖、ショ糖など複数の糖質が含まれています。ブドウ糖はすばやくエネルギーになり、果糖やショ糖はゆっくりとエネルギーに変わるため、朝食に適しています。

4.バナナは食べごたえと歯ごたえがあり、食べ終わるまでに時間がかかるために満腹感が起きやすいです。適度な甘みで満足度も高くなります。

噛んで食べることを咀嚼と呼びますが、咀嚼回数が増えると満腹感の増加します。さらにバナナをよく噛んで食べてみると、より満腹感が残ります。
100gで84kcalという低カロリー、良質な食物繊維にビタミンとミネラルを含み、満腹感も得られるバナナは、いつもの食事の代わりに食べるカロリーダイエットに適した食品です。

引用元-バナナ – 1本84kcalの低カロリーで栄養価と満腹感に優れている|カロリン

バナナは子供の朝食にもオススメ!バナナを食べるメリット

(1)バナナは腹持ちが良く、朝食には最適

どこでも簡単に食べられ、栄養価も高い“バナナ”。大人も子どもも好きな食べ物です。

バナナ1本(100g)あたり約86kcalと低カロリーもうれしいですが、何よりも腹持ちが良いので、忙しい朝にはぴったりの食べ物です。バナナには、ビタミンB1やビタミンB2などのビタミンB群が豊富なので、疲労回復にも役立ちます。

ヨーグルトとの相性も良いので、一緒に食べるのもおすすめです。

(2)バナナを食べてニキビ知らず?

バナナにはビタミンB群が豊富ですが、実は美肌に必要なビタミンがそろっているのも特徴です。

【バナナに含まれる肌に良いビタミン】
・脂質の代謝を助けるビタミンB2
・皮膚炎を予防するビタミンB3
・タンパク質の代謝を助けるビタミンB6、など

適度な水分と油分に加え、弾力がある肌のことを“美肌”と呼ぶそうですが、バナナを食べることでこれらの水分・油分・弾力を手に入れることができるのです。思春期のお子さんのニキビにも効果が期待できそうです。

(3)おやつにもバナナ

スナック菓子が好きな子どもたちですが、バナナをおやつにしてみたらどうでしょうか?

スナック菓子類は、油分や糖分の取りすぎが気になりますが、バナナであればその心配もありません。栄養バランスに優れたバナナを普段から常備しておくといいかもしれません。

引用元-朝食にピッタリ! バナナを食べるメリット3つ | パピマミ

栄養満点バナナは離乳食にも最適!

バナナは離乳食を作るママにとって強い見方となってくれます。

バナナは最も健康的なくだものと言われ、健康を守る「免疫システム」を強くしてく
れる作用があります。
7ヶ月を過ぎた頃の赤ちゃんなら調理していないそのままのバナナを小さくカットするだけで食べさせることができます。

赤ちゃんにとって自然の甘みがとても美味しく、自分の力でつぶすのに調度いい固さ
で、離乳食中期といわれる7ヶ月過ぎの赤ちゃんにはもってこいの食材と言えるでしょ
う。

あまり食べることが好きではない赤ちゃんでもバナナなら食べてくれるという声も多
く聞かれます。

エネルギー源も豊富でビタミンも多い、健康を守ってくれ、皮を剥くだけで食べられる!忙しいママには本当にお役立ちの1品です。

バナナは離乳食だけでなく幼児期以降もずっと子供の栄養源となってくれる力強い食品です。

1歳半を過ぎた幼児期にはおやつとして、学校へ行くようになったら時間がない朝食のプラスアルファーの栄養源として幅広く活躍してくれます。

引用元-バナナは栄養価も満点で離乳食にも最適! : 離乳食の進め方|初期〜完了期までのレシピや味付け

子供も喜ぶ!栄養価の高いバナナのおやつレシピ

【1】バナナを1本用意し皮をむきます。そして縦半分に切ります。
フライパンにはグラニュー糖大さじ1をバナナの形に広げて、
バナナの切り口を下になるように置きます。

【2】強めの中火にかけてグラニュー糖がキャラメル色になるまで1〜2分ほど焼きましょう。
このときバナナは動かしてはいけません。

【3】こんがりしてきたらフライパンの端っこのほうにバナナを寄せて
キャラメル部分にバナナが触れないようにフライ返しで裏返し、1分ほど焼いたら完成です。

 
このキャラメル80℃バナナは冷やして食べても効果は変わりません。バニラアイスと合わせて食べるのもおすすめです。

我が家ではバナナをフォークでつぶしてからホットケーキミックス、豆乳、卵、砂糖と一緒に混ぜて炊飯器でつくるバナナケーキもよく作りますが、こちらも子供たちは喜んで食べてくれますよ♪

引用元-

バナナを食べてストレス解消?!

バナナは、スポーツをする人や体力仕事をしている人におすすめです。それは非常に栄養価が高く消化吸収も良いと言われています。
 
また、ダイエット食品としても人気で、病気の人や食欲不振やでも手軽に栄養補給できる万能な果物でもあります。
 
 
バナナに多く含まれる主な栄養には、カリウム、マグネシウムやビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCやなどのミネラルと糖質(炭水化物)があります。
 
ビタミンB1は、日頃から疲労を感じている人やスポーツする人やお酒を多く飲む人、甘い物が好きな人、また、精神的なストレスを感じている人にも改善効果があるといわれています。それは糖質を体のエネルギーに変える働きがあり、疲労を早く回復させる働きがあります。
 
ビタミンB2が不足すると脂肪が上手く燃焼されないため太りやすくなり肉の脂や植物油などの脂質を体のエネルギーに変える働きがあるのです。
 
またビタミンB2は、体に有害な活性酸素を分解する効能もあり、また子供の成長を助ける働きもあります。
 
バナナは、食べすぎると体を冷やすことがあると言いますが、はちみつを一緒に摂取することによって、体の冷え性を防ぐことができます。
 
バナナは、栄養、ビタミンも多くなり食べ頃は褐色の斑点が出てくると完熟している時です。
 
 
食生活にバナナを積極的に取り入れ、ストレスに強い健康な体を作っていくことが大事です。

引用元-果物でストレス解消|バナナ

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 出産・育児・子育て

ページ
上部へ