噂の情報バラエティマガジン

オスマガ

動悸やめまいの症状、原因不明はストレスが関係あるかも?!

      2015/06/26

動悸やめまいの症状、原因不明はストレスが関係あるかも?!

突然起こる動悸やめまいの症状、原因不明の場合はストレスが大きく関係していることがわかりました。

そのストレスから起こる動悸やめまいは、自律神経失調症の可能性もあるようです。

原因や改善策を調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

e61b50b2b0243a056b8ac9e4160af227_s
流産の可能性が高い時期はいつ?原因や予防は?

流産は何らかの理由で胎児が育たなかったり流れ出てしまうことを...

3cdac530885246e1bb94bad85ca2121b_s
養育費調停で弁護士に依頼するメリットは?有利になる?

離婚後の養育費に関して話し合いがまとまらない場合、養育費請求...

9fc49a403bad4234097fc804b8c9cee0_s
有給休暇も消化して退職願はボーナス支給後がベスト!

退職を考えた時、まずどの時期に退職願を出すべきかタイミングを...

395f0ac51fb5e481cf7a808dc1b537a7_s
薬学部で留年すると就職に影響はあるの?対策は?

薬学部に入ったものの、勉強につまづき留年をしてしまう人も多い...

44caa8b6aabacffd3bf3f4e0be2a2b45_s
野球の練習着(夏用)におすすめなのは?

夏の暑い時期の野球の練習、夏用の練習着は暑さ対策なども考慮し...

24ec0934c1909b916c12aee515040380_s
料理下手な主婦がついやってしまう調理の間違いとは

料理が下手な人、上手な人がいますよね。
<...

d36fe19339e642db241bbc13e9a5558a_s
恋愛不安になる心理は?不安を乗り切る方法も伝授!

恋愛に不安はつきものです。

で...

92d5bf4900de5429fbf1301657254440_s
連絡先の交換を迫られたときに上手く断る方法!

職場関係や合コンなど、連絡先の交換を迫られる場合があります。...

a0001_016801
歴史を大人になってから勉強する時は○○法がおすすめ!

子供のときは歴史に興味がない人も、大人になってから急に歴史に...

e46d78f49577516178361cd0fac1d6cc_s
野球の投手に必要な筋トレとは?バランスが重要!

野球の投手が球速をアップするためには筋トレが不可欠です。 ...

8bbee84a3dab20d7d576049aa9a85e3b_s
野球の打順の組み方を一挙公開!ベストな選び方とは?

野球の戦略で大事なのは打順の組み方にあるようです。

3f0bd00503a3de74b820eabf26931867_s
同棲解消は寂しいだけじゃすまない!?その理由とは

同棲を解消する場合、さまざまなトラブルが起こります。

134f2f4ce5fd35b426f00f0e7b00720c_s
頭痛が毎日午後から・・・原因は?予防するには?

毎日午後から起こる頭痛・・・とても辛いですよね。

8f439eb3b877cda80c9999a407bc42dc_s
結婚に反対!その理由は家柄・・・親が結婚に反対する理由

結婚はみんなに祝福されたいものですが、家柄が理由で親に反対さ...

e32139af27ce033c131272fc25ac3583_s
ご飯を冷凍した場合の賞味期限、目安は○ヶ月!

余ったご飯を冷凍した場合、すぐ食べる場合もあればしばらく冷凍...

2076020872f27b6711af28cc2a3b842b_s
健康診断の結果がわかるまでどのくらいかかるの?

健康診断を受けた場合結果を早く知りたくなるものです。

a0002_004762
会社の飲み会で挨拶回りをするときのタイミングは?

「飲みにケーション」という言葉を耳にしたことありますか? ...

a1180_015442
右手の薬指の痺れは何が原因?考えられる病気とは

右手の薬指だけなぜか痺れる・・・違和感もあり何が原因なのか気...

a0001_003289
フロントガラス飛び石よる傷を補修キットで修復するには?

飛び石等によるフロントガラスの傷、放っておくと傷も広がる可能...

a0003_000896
キャンプ料理!朝食で簡単に作れて美味しいレシピ♪

キャンプ料理にはいろいろありますが、何かと忙しい朝食は手軽に...

スポンサーリンク


原因不明の動機やめまいが・・・ある体験談とは

2年前の6月初旬、夫の同僚を自宅へ招きBBQをした夜から急にめまいを感じる。
睡眠不足と疲れかと思い、寝るが改善せず。
食事を取れば、動悸息切れ。日中はずっとフラフラとしており横になっていた。

少し早いが更年期障害かとも考え、義母の勧めで漢方薬局へ行き、漢方を数種類内服。
1ヶ月ほど内服するが症状はまったく改善せず、めまいや動悸から脳や心臓病のなどへの不安が募り、軽いパニック障害を起こす。
内科を受診し採血をしてもらうが、結果は異常なし。むしろ健康体。
(この時、頭部CTなども考えたが、半年ほど前に左手のしびれを感じMRIを撮影して問題なしと診断されていた)
結局、ネットで症状を検索すると自律神経失調症とヒットし、婦人科・心療内科を専門とする医院を受診した。
そこで、ストレスチェックなどを行い、自律神経失調症と診断された。
上記の内服が開始。

子供は3人いて、上が7歳の双子、下は3歳だった。
言われてみれば、双子を出産してからずっと朝まで続けて寝た事がなく、
いつも断眠で夜も寝付きが悪かった。運動も全くしておらず、どちらかというと
インドアなので自宅で子供としか話さないという日々も多かった。
そして、双子が入学を迎え、初めての連続でとても不安が強い日々だったと思う。

医師より、診断がくだされ、抗不安薬と安定剤をもらうことで寝付きも良くなり、
朝まで眠れるようになると、めまいは次第に軽減。
死への不安もなくなった。
自律神経失調症の治療は「診断がつく」というのが一番の治療であると痛感した。
日々の生活を規則正しくし、バランスの良い食事をし、ストレスを溜めない。
運動は苦手で継続できないが、少しずつ取り入れている。

引用元-原因不明のめまいや動悸が続く。自律神経失調症と診断される。 : 病気体験レポート 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

原因不明の動機やめまい、もしかしてストレスが原因かも

通常、ストレスのない生活では、1年持ちません。

けれど、ストレスはないという人がいる。

ストレスに関する認識不足なのですが、

●食欲があるのに仕事で食べることができない
●トイレへ行きたいが、今は席を離れられない
●満腹状態なのにおいしいものが目の前にあるからついつい食べてしまう
●疲れているのに、疲れを抜かずに眠ってしまう
●冷えているのに湯船に入らない
●コーヒーやアルコールを毎日飲んでいる
●何年も7時間以上眠ったことがない
●平日と休日の睡眠時間がかなり違う
●食事を急いでとることが多い
●強モミマッサージが大好き
●背骨をボキボキ鳴らすことが多い
●運動をしているが運動の前後以外ストレッチをしない
●じっとしている時間が長い
●目や指を酷使している

などなど、これらすべてストレスです。

あなたはすべて当てはまらないですか?

当てはまっているものがあって、しっかりとそのストレスを抜くことができていますか?

ストレスは、交感神経が優位になってしまう刺激です。

ストレスを受け続けていると、どうしても交感神経が高まった時に現れる症状が出てきます。

これは、興奮状態なのですが、その結果

●吐き気
●胃痛
●頭痛
●めまい
●立ちくらみ
●目の充血
●抜け毛
●動悸
●耳鳴り
●鼻炎
●不眠
●イライラ
●緊張感
●手汗足汗

などなど、たくさんの症状が起きてしまいます。

引用元-突然起こるめまい、立ちくらみ、吐き気、動悸などの原因は・・・? – 原因不明の痛みや病気を改善するたった3つの秘訣

原因不明の動機やめまいがするのは自律神経失調症の可能性も

自律神経失調症の症状

自律神経のバランスが崩れて起きる自律神経失調症。体全体のバランスが崩れるため起きる症状は様々ですが、頭痛、動悸、立ちくらみ、のぼせ、冷え、吐き気、胃もたれ、便秘、下痢などで病院に来られる患者さんが多いです。一方で、「この症状があれば自律神経失調症」と断言できるような特定の症状はありません。

受診すべき診療科も症状によって変わります。患者さんも、頭痛があるなら脳神経外科・神経内科、動悸がするなら循環器科、下痢・便秘なら消化器科、めまいがするなら耳鼻科など、症状に併せて受診する科を選ばなければなりません。
 

自律神経失調症の原因

バランスを崩す理由は、ずばりストレス。肉体的疲労・精神的なプレッシャーといったものが挙げられます。現代社会において、私たちはさまざまなストレスと戦っています。多忙すぎる仕事、上司との人間関係、先行きの見えない将来への不安、家庭内トラブルなどなど、気が休まることがありません。それに加えて、生真面目な性格、責任感が強い、完ぺき主義といった性格的にストレスを溜め込みやすい人が自律神経のバランスを崩してしまいます。

一番の解決策は、自分自身に降りかかっているストレスから開放されること、そして気持ちをリフレッシュすることなのです。逆にストレスをうまくコントロールできないと、今までの症状がさらに悪化したり、新たな症状が出現してきます。

引用元-自律神経失調症の原因・症状・診断法 [自律神経失調症] All About

自律神経失調症を改善するには?

それには、多くの方法があります。人によって治療期間は異なりますが、
病院では、薬物治療や心理療法やカウンセリングなどを行うことができます。

薬物療法にもいくつかあり、自律神経調整薬、抗不安薬、抗うつ剤、
睡眠薬や漢方薬などを用いる場合もあります。

これらの薬を用いる場合には、必ず医師の処方のもとに薬を選ぶようにします。

漢方薬も医師に相談して用いるようにします。

漢方薬はやさしい薬のイメージがありますが、自分の体質にあったものを使わないと、
効果が期待できないばかりか、副作用も大変なものとなりえます。

薬をにあまり使いたくない!という場合

また、その他に、自分でも自律訓練法やマッサージ、生活改善などを行うことができます。

自律神経失調症に効く生活改善の中でも、
最近注目されている方法が、冷え取りという生活改善です。

気付かないうちに体の中心が冷えている場合が多いようで、
その体の冷えが自律神経失調症を含む様々な病気につながると考えます。

ですので、体の冷えを取る生活スタイルに変えることで、病気も治るという考えかたです。

自律神経失調症を改善できたという人の多くは、病院での自律神経失調症の治療と併せて、
自分自身で生活改善を地道に行ったという人が多いようです。

引用元-自律神経失調症で動悸が起こる場合には・・・ – 自律神経失調症の症状は治療できる.com|自宅でできる不安解消法!

原因不明の動機やめまい、鍼灸と整体でバランスを整える方法も

骨格のバランスが良くなると、主に骨で体重を支えられるようになります。
すると、

・筋肉を緊張させて体を支える必要がなくなる
・したがって、筋肉の慢性的な緊張がなくなる
・自律神経の入れ替わりを邪魔しないのでバランスが整っていく

ようになり、休息すべきときには休息できる状態になり、身体的なストレスも減ってコンディション自体が良くなっていくのです。

症状の軽快の他にも、

・余計な体の緊張がとれて疲れにくくなった
・よく眠れるようになった
・体のバランスがよくなって動きやすくなった

などの体調の変化を実感される方が多いです。

アゼガミ治療室では、カラダ全体の筋肉のバランスをとる手法で、無理なく骨格の歪みをとり症状を改善していきます。

また、日常生活の負荷を減らすことも大切です。腰に負担のかからない立ち方・座り方をあわせて指導しています。

東洋医学・はり(鍼灸)とソフトなカイロプラクティック・オステオパシーを調和させた施術は、日本人にとても合った方法で、改善率が良く症状が戻りにくいのが特徴です。
ボキボキするのではなく、骨格を支える筋肉の調整による無理のない骨格矯正なので、子供〜お年寄りまで安心して受けていただくことができます。

引用元-めまい・不眠・動悸など自律神経の症状なら さいたま市の整体アゼガミ治療室(浦和)



twitterの反応

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ